最新情報

2017-10-20 00:00:00

どんな職場で働くときでも「人間関係」を良好に保つことは大きな課題になりますよね。そのためには、自分から相手に歩み寄る姿勢も必要なのかもしれません。しかし、理不尽な要求をされたときは毅然とした態度を取ることも大切ではないでしょうか。職場では男女間の微妙な関係も少なからず存在すると言われます。もし、秘書で働いた場合、社長から何らかのアクションがあるかもしれませんね。そこで、社長と秘書は不倫関係になりやすいかどうかについて、男女100人のみなさんに率直な意見をうかがってみました。

 

【質問】

社長と秘書は不倫関係になりやすいって本当!?

【回答数】

なりやすい:48

関係ない:52

 

社長秘書に就いても社長と「大人の関係」になる可能性は低い

 

アンケートの結果、社長と秘書の不倫について「関係ない」と答えた人が少し多いことがわかりました。

・ドラマやマンガの中だけの世界だと思うから。そんな近いところで探さなくても、社長も秘書も相手に困っていないと思う。(30代/女性/専業主婦)

・あまり関係者ないと思う。そのおのおのの人格だと思う。もし女好きな社長ならば秘書以外にあちこち不倫相手はいるだろうし。(50代/男性/会社員)

・ワンマン社長ならいざ知らず、コンプライアンスが問われる、今のご時世で不倫はないと思います。それに、社長になるくらいの人は、立派な人だと思います。(50代/男性/会社員)

・実際、友達で秘書をやっている人がいるが、そんなことはないと言っていた。ムカつくことも多いからだそうだ。(30代/女性/無職)

 

52人の男女は、社長と秘書の浮気はないと考えているようです。ドラマなどの話を否定する意見が寄せられていますね。社長と秘書は一緒の時間が長いですが、それが「大人の関係」には直結しないかもしれません。「そんな近いところで探さなくても」から続く展開は大変印象的ですよね。不倫相手はほかにもいる可能性や、社長の人格を称えるなど、社長に関するコメントが多い傾向もうかがえました。また、秘書の体験談を紹介する内容にも説得力があるのではないでしょうか。このように、秘書の仕事に就いても不倫につながる可能性は低いことがわかる結果となりました。

 

社長と秘書は不倫関係になりやすい!不倫相手を秘書にすることも

 

一方、不倫関係について、半数近くの人は「なりやすい」と答えたことがわかりました。

・常に一緒にいる為、好きになる錯覚が起こる可能性もあると思うから。(30代/女性/専業主婦)

・社長の一番身近にいて、私的なことまで知っているので不倫関係に発展しやすいのではないでしょうか。(30代/男性/会社員)

・秘書になってから不倫関係になるのではなく、不倫相手を秘書に取り立てるのです。(40代/男性/無職)

・友人で秘書をしていた人が休日やプライベートでも呼び出されていたから。(20代/女性/専業主婦)

・そういうドラマや小説が多いので、そうなんだろうなあと思います。(40代/女性/無職)

 

48人の男女は、浮気の可能性があると考えているようです。職場では一緒に行動するだけでなく、秘書が社長のプライベートな領域に踏み込むこともあるため、個人的な感情が芽生えて浮気に発展するのかもしれません。不倫相手を秘書にするとの考え方にもうなずけました。時間外に呼び出されるなど、秘書体験者から伝え聞いた話にも信憑性が高いようですね。なお、こちらの回答の中にもドラマなどに関する意見があることもわかる結果となりました。ただし、浮気の可能性を肯定する人は、ドラマなどの影響を受けている点が大きな特徴ではないでしょうか。

 

派遣の仕事では派遣先での悩みを派遣元に相談できるメリットも

 

アンケートの結果、社長と秘書の不倫関係を否定する人が少し多いことがわかりました。社長とは時間・空間を共有することが特徴ですが、社長の紳士的態度によって不倫には至らないといえるようです。ドラマなどに関する意見は不倫関係を否定する人・否定しない人の両方からうかがえました。ただし、後者のほうがドラマの影響を受けやすいのではないでしょうか。秘書の仕事に就くためには、社長との関係が心配になるのも無理からぬことですよね。ただし、派遣の仕事に就くと、派遣先での悩みを派遣元に相談できるメリットがあります。秘書の仕事に興味や関心のある人は、その点も考慮して仕事探しをするといいかもしれませんね。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

社長と秘書は不倫関係になりやすいって本当!?

 

【なりやすい】

・なりやすいイメージが私にはあります。ずっと一緒に仕事をして会っているとそういう関係になることもあるんではないかと思います。(20代/女性/パートアルバイト)

・仕事とプライベートを公私混同しやすい社長と秘書は、不倫関係になりやすいと思います。(40代/男性/会社員)

・常に一緒にいる機会が多いから不倫関係になりやすいと思います。(40代/女性/会社員)

・友人で秘書をしていた人が休日やプライベートでも呼び出されていたから。(20代/女性/専業主婦)

・常に一緒にいる為、好きになる錯覚が起こる可能性もあると思うから。(30代/女性/専業主婦)

・社長は男性、秘書は女性の場合が多く、社長が気に入った人を秘書としておくと力関係でもなりやすい。そのうえ長時間行動をともにするので。(30代/女性/会社員)

・「秘書が美人」という条件が成り立っていれば、お金持ちの社長さんと不倫になりやすい。(10代/男性/学生)

・秘書は社長の身の回りのことをするので、社長は少なからず好意を抱いてしまうと思うからです。(20代/女性/専業主婦)

・社長は自分のタイプの女性を秘書にするので当然である。私もそうすると思う。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・常に一緒に行動をするので、同じ空間に居ると不倫になるのは間違いない(40代/女性/会社員)

・男女間だと、一緒にいる時間が長いと、自然と不倫関係になりやすいです。そういう話をよく聞きます。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・世間的に、不倫関係になりやすい。イメージがあります。みんながそうではないけど(30代/男性/契約派遣社員)

・秘書は社長が面接すると思いますし、一緒にいる時間も長いと思うので可能性は高いと思います。(30代/男性/契約派遣社員)

・どうしても一対一になりやすいから。社長は男性で秘書は女性が多いから。(20代/女性/会社員)

・いつも一緒にいることが多いし、秘書は綺麗なひとが多そうなので。(50代/女性/パートアルバイト)

・やはり、家庭にいる時間より仕事している時間のほうが長いと思われるので、その分一緒に行動する時間も増え、さらにはスケジュール管理やいろいろな手配などしているのが信頼関係につながり特別な感情になりやすい気がします。(30代/女性/パートアルバイト)

・スケジュール管理や秘書によってはプライベートに踏み込むこともあると思うので公私混同になりやすい職業なのではないかと思うからです。(30代/女性/専業主婦)

・秘書になってから不倫関係になるのではなく、不倫相手を秘書に取り立てるのです。(40代/男性/無職)

・社長は自分の好みで秘書を採用し、秘書は金さえ積まれれば肉体関係も惜しまないからです。(40代/男性/会社員)

・社長と秘書は不倫関係になりやすいでしょうね、なぜなら愛人を秘書にするから(30代/男性/会社員)

・どの社員よりも、社長と一緒にいる時間が長そうなので、可能性はありそう。(30代/女性/会社員)

・まず、社長が面接などで、自分好みの女性をピックアップするからです。また、トップに言い寄られて、悪い気はしない女性が多いです。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・いつも一緒にいるからそういう関係になってしまう人も多そうなイメージがある。(20代/女性/無職)

・二人きりで過ごす時間が多かったら、その可能性もあるかもと思います。(30代/女性/自営業(個人事業主)

・常に一番近くに居ますし、異性だと気にはなると思います。不倫関係になりやすいと思います。(40代/女性/会社員)

・近くで仕事をしているし、社長が自分好みの女性を秘書に選んでそうだから。(30代/女性/専業主婦)

・社長と秘書は長時間一緒に過ごすことになるので、自然と愛情が芽生えてしまうと思う。(20代/女性/無職)

・社長と秘書はいつも一緒にいるからなりやすいのではないかと思います。(40代/男性/会社員)

・いっしょにいる時間が長いうえに、いろいろな情報を得ることになるから。(60代/女性/専業主婦)

・あくまでも想像だけど、なりやすいと思う。ほぼ四六時中行動を共にしてお互い良い信頼関係を築いていかないと上手くいかないと思うので自然と感情を抱きやすいのではないかと思う。(30代/女性/専業主婦)

・一緒に居る時間が長ければそういった感情が生まれても仕方がないと思います。(20代/女性/契約派遣社員)

・社長の一番身近にいて、私的なことまで知っているので不倫関係に発展しやすいのではないでしょうか。(30代/男性/会社員)

・職業上非常に近い立場なので、そういった関係になりやすいと思います。(30代/男性/会社員)

・ドラマでのイメージが付いているのでそう感じますが、一番身近に居ますからね(40代/女性/パートアルバイト)

・自分自身の勝手な想像ですが。秘書は不倫になることも含めてその職に就くことを承諾しているような思いがあります。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・誰でも、毎日一緒にいたり、身近な人や、自分の事を分かってくれている人に対しては、親近感や信頼感が生まれると思います。社長と秘書もそのようにさまざまな面で密接な関係なので、不倫関係になってもおかしくないと思います。(40代/女性/専業主婦)

・日常的に話す機会が多く、しかも社長室など個室で会う機会が多いため。(60代/男性/公務員)

・あくまで想像ですが、社長が秘書を選ぶ基準を勘違いしていた場合、なりやすいかもと思います。(40代/女性/無職)

・一緒に過ごす時間が長いので、普通の上司と部下の関係よりも、不倫関係になっていまいやすい気がします。(30代/女性/会社員)

・仕事柄、スケジュールや社長の嗜好まで把握することになるからです。社長にとっては、採用時に印象の良い人を秘書にするのは当然なのと、自分のことをわかってくれると感じるからだと思います。(40代/女性/専業主婦)

・いつも行動を一緒にしているし、融通も付けてもらえそうなので、社長にとっては奥さんみたいなものだから。(40代/女性/専業主婦)

・そういうドラマや小説が多いので、そうなんだろうなあと思います。(40代/女性/無職)

・常に一緒に行動していると、お互いのこともよく知ることができて愛着がわいてくるので、親しみや信頼感がある時急に愛情にかわって膨れ上がることもありうると思うから。(40代/女性/その他専門職)

・出張などで2人きりでいる時間が多くなると、どうしてもそういう関係になりやすい要素はあると思います。(40代/男性/会社員)

・良く出来る秘書ほど、可能性高いと思う。社長は仕事ではなく、自分の為にやってくれていると勘違いしそう(40代/女性/専業主婦)

・毎日一緒にいるのでなりやすい気がする。タイプとか好みとかではなく、情がでてくると思うのでその延長で不倫になりやすそう。(30代/女性/専業主婦)

・仕事とは言え、いつも一緒に行動していれば親近感もわき、不倫になってしまう可能性もあると思います。(30代/男性/会社員)

・仕事上、一番身近な異性になりうるだろうし、相手の悪いところも素敵なところも感じやすい立場にあると思うから(20代/女性/無職)

【関係ない】

・ドラマじゃあるまいし、そんなことはないでしょう。仕事上のドライな関係でしょう。(60代/男性/無職)

・仕事の関係なので、不倫関係になりやすいというのは間違っていると思います。(40代/男性/無職)

・一対一の関係なので、そう見られることもあるのは可哀想な気がします。本当に真面目な人なら仕事と個人的感情は分けていると思います(思いたい)。(30代/女性/自営業(個人事業主))

・実際、友達で秘書をやっている人がいるが、そんなことはないと言っていた。ムカつくことも多いからだそうだ。(30代/女性/無職)

・ドラマなどそういうイメージはありますが、ほとんどないと思います。私の友達は大手企業の秘書ですが、全くないそうです。(30代/女性/専業主婦)

・確かに毎日毎日一日中顔をつき合わせていたら、その人が考えている事や要求など自然とわかるようになるとは思いますが、会社に入社してそれが仕事として考えたなら、反対にそういう関係に安易になるのは会社人としては甘いんじゃないでしょうか。(50代/女性/公務員)

・人によるんじゃないでしょうか。あまり、詮索するのも微妙に考えています。(30代/男性/その他専門職)

・その後の気まずさなどを考えると、そうはならないと思います。仕事がデキる秘書ほど関係ないと思います。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・社長に限らず不倫をする人はたくさんいるし、秘書=愛人は漫画の世界だと思う。(30代/女性/専業主婦)

・いつも共に行動する事は確かに多いと思いますが、男性にその気があっても今の女性はしっかりしているのでほとんどの人はならないと思います。(40代/女性/専業主婦)

・お互いの気持ち次第ではないでしょうか。ドラマの観すぎのような気が。(30代/男性/会社員)

・自分の職場にも秘書がいるがとてもそのようにはみえない。役員の方の年齢と差がありすぎるせいか…(30代/女性/契約派遣社員)

・あまり関係者ないと思う。そのおのおのの人格だと思う。もし女好きな社長ならば秘書以外にあちこち不倫相手はいるだろうし。(50代/男性/会社員)

・全く別な問題度と思います。仕事が出来るから秘書になっているだけだと思います。(50代/男性/無職)

・ドラマや小説などではありそうな話ですが、周りにそのような人はいないので、決してそんなことはないと思います。社長と接する時間が長いので誤解されやすいのかなと思います。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・実際はそんなに不倫関係にある社長と秘書の方々はあまりいないと思います。ただどうしても世間の色々な物の影響で、社長と秘書はできやすいイメージがあるのだと思います。(40代/男性/会社員)

・あくまでも個人の問題だと思うから、なりやすいという思い込みは当てはまらないから。(60代/女性/専業主婦)

・結局は、社長の好みや興味次第だと思います。たぶんテレビの影響もあるかもしれないですね。(20代/女性/専業主婦)

・社長と秘書が不倫になりやすいというのは関係ないと思います。社長や秘書ではない人も不倫はします。(20代/女性/会社員)

・同じ空間に居て時間を共にし、スケジュールを全て把握という意味ではなってもおかしくはないと思うが、仕事と割り切れば関係ないと思う。(20代/女性/会社員)

・好きという感情が無ければ、どれだけ接近していても恋愛感情は生まれないと思います。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・ワンマン社長ならいざ知らず、コンプライアンスが問われる、今のご時世で不倫はないと思います。それに、社長になるくらいの人は、立派な人だと思います。(50代/男性/会社員)

・出会い的にはあり、ですがその人によってだと思います。あまり関係ないでしょう。(40代/女性/無職)

・社長と秘書は不倫関係になりやすくはないがいる時間長いと、部下と上司でもアイスタントでもありますね特別秘書だけとはいえない(30代/男性/会社員)

・不倫なんぞにうつつを抜かし経営者のいる会社は確実に潰れます。私の知っている社長さんは毎日走り回ってますよ!!(50代/男性/自由業・フリーランス)

・ドラマの影響だと思う。秘書が自分の好みの女性でも、家庭のありがたさを分かっていればあり得ない。(40代/男性/公務員)

・いちいちそんな関係になっていたら仕事はできませんし、バレたらクビですから賢い秘書はそんなことはしません。(40代/女性/専業主婦)

・その方二人達次第だと思うのですが、あまり関係ないと思いました。(30代/女性/専業主婦)

・実際の会社の中でそんなことをしているようではその社長のいる会社なんてすぐに潰れてしまうような気がします。(40代/男性/無職)

・いかにも不倫関係になりやすそうですが、社長に近い位置にいる分、嫌なところが目に付くのではないかと思います。また、社長と秘書の不倫はすぐに疑われる関係なので、わざわざリスクを冒して不倫するのは、賢い女性なら選択しないと思います。(30代/女性/専業主婦)

・人それぞれだと思うし、常に一緒に居るという訳でもなさそうだから。社内恋愛はどこでもありうるし、社長と秘書だからということもないから。(40代/女性/パートアルバイト)

・モラルや倫理観の話だと思うので、不倫関係になりやすいかどうかは職業や立場は関係ないと思います。(20代/女性/専業主婦)

・ドラマなどでは秘書は綺麗で頭の切れる女性がやっているイメージですが、実際男性はできる女性よりもかわいい女性を好むと思うので。(50代/女性/自営業(個人事業主))

・社長と秘書は不倫関係になりやすいって本当ではないと思います。(50代/男性/会社員)

・仕事上一緒にいることが多いので、逆にそういった関係になりにくいと思います(30代/男性/会社員)

・会社の規模や愛人を入れているなら、やむを得ないけれどもノーブレスオブリージュの都合上、浅はかな行為はしない(40代/女性/無職)

・ドラマだけの世界だと思う。自分の会社の秘書は社長の、都合に振り回されるのでむしろイライラしていることが多い。(20代/女性/会社員)

・秘書さんと関係を持つということは、相手が秘書さんじゃなくても関係を持つ人だという考えがあります。(20代/男性/自営業(個人事業主))

・ドラマやマンガの中だけの世界だと思うから。そんな近いところで探さなくても、社長も秘書も相手に困っていないと思う。(30代/女性/専業主婦)

・確かに社長はお金を持っていて、時間も自由がきくイメージがあるので、普通の人より不倫しやすいかも。でも、するしないは結局、2人の相性だと思うので社長だろうが、秘書だろうが関係ないかと思う。(40代/女性/専業主婦)

・不倫関係になりたいと思うなら どんな人ともできるので 敢えて 社長と秘書は不倫になりやすいというステレオタイプの考え方は持っていません。(40代/女性/自営業)

・不倫しやすい人はどんな立場でもするから。不倫してなくても色眼鏡で見られる率は高そう。(30代/女性/専業主婦)

・長時間一緒に居れば情はわくと思いますが現実はハーレクインではない気がする(30代/女性/パートアルバイト)

・社長でも秘書でも公私の区別が大切ですから、世間で言われるような関係はあまり普通の会社ではありえません。そのような不倫関係になってしまうお話はテレビやマスコミの範囲内に限られます。(60代/男性/無職)

・多くの時間を共有するし、頼り頼られが多いとは思うけれど、二人とも独身なら不倫とは言わないので、なりやすい、とは言えないから。(40代/女性/パートアルバイト)

・年齢にもよりますが、社長側に気が合っても、秘書側に気はなさそう(40代/男性/自由業・フリーランス)

・仕事しての付き合いなので、プライベートまでは干渉しないと思います。(30代/男性/契約派遣社員)

・家庭に居るより共有する時間が長い為情がわき、不倫に走る。という理屈で考えれば、同僚、先輩後輩という仲でも不倫に発展する可能性はある。しかも「不倫」は性癖のようなものなので、どの様な立場であれする人はするし、しないひとはしない。(30代/女性/専業主婦)

・不倫する人は職業にかかわらずするし、しない人は絶対しないと思うからです。(40代/女性/専業主婦)

・社長によると思う。社長と秘書の関係ではなくても、望んでいる人は同僚でも何でも手を出すと思う。(40代/男性/会社員)

・あくまでも仕事での関係ですので、それはないですね。男性秘書も多いですし。(30代/女性/会社員)

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

 


2017-10-15 00:00:00

厚生労働省より、有料職業紹介事業の許認可が更新されました。お客様のお役に立てますよう引き続き努力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


2017-10-10 00:00:00

役員秘書の仕事は、文字通り企業の役員をサポートすることです。経営者のサポートをすることになりますから、相当高いレベルのスキルが要求されます。そのため、優秀な役員秘書は、役員だけにとどまらず、士業の方の秘書としても利用することができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

■医師・研究者におすすめ!

 

役員秘書は、医師や研究者のサポートもできます。医師や研究者に共通する仕事としては、論文の執筆が挙げられます。論文を書く場合、様々な資料を読み込んだ上で自説を展開する必要がありますが、その資料集めは大変な作業です。これを秘書にやってもらうという利用方法が考えられます。もちろん、診察や手術、学会その他の会合そして講演依頼など次々と入ってくる予定を上手く調整することは、秘書の得意分野です。そういった対外的なやりとりを秘書がやってくれれば、本人は医療行為や研究作業を落ち着いて没頭できるようになるでしょう。また、普段あまりファッションなどに気を配る余裕がないという人は、会合に出席する服装のアドバイスを受けるといったことも期待できます。

 

 

 

■弁護士・政治家におすすめ!

 

弁護士や政治家も役員秘書を利用するメリットはあります。弁護士や政治家にとって一番大切なことは、顧客や有権者を含む多くの関係者との関係作りです。自分にとって必要な相手かという観点よりも、相手に対して自分に何ができるかという観点が大切な仕事ですから、仕事をする場合は、顧客や有権者の考えていることや求めていることを正しく理解する必要があります。そのため、次々に入る予定の調整も、それぞれの内容の重要性を把握して上で優先順位を決めていく必要があるでしょう。単なるスケジュール管理とは違ったレベルの調整能力が求められます。役員秘書であればそのレベルの対応能力が期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

■大学教授におすすめ!

 

大学教授も役員秘書を利用すると、より仕事がやりやすくなるでしょう。医師や研究者と同様に、論文執筆の資料集めをしてもらったり、学会への参加スケジュールの調整や移動手段の手配等をやってもらったりと、教授自身は、授業や研究に集中できるようになるでしょう。また、大学側や学生とのパイプ役になってもらうことも期待できます。一旦研究を始めてしまうと研究室に閉じこもり気味になる大学教授もいるでしょう。そんな時、役員秘書という存在がいてくれることで、学生が相談したいことがありそうだ、大学側からこんな要求がきそうだといった情報を把握して伝達してくれたら助かるはずです。役員秘書の能力は高いですので、士業の方の役に立つことも可能なのです。

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

 


2017-10-05 00:00:00

livedoor NEWSで弊社の業務が紹介されました

 

 

【プロの運転手&秘書派遣で業務効率アップ】

業績のいい会社というのは、どこも社長や取締役などの首脳陣が忙しく動き回っているもの。あちらの会議、こちらの会食…と、分刻みでスケジュールをこなす人たちも少なくないはずだ。「時は金なり」そんな首脳陣を快適にサポートしてくれるのが、運転手であり秘書たちの存在だ。

 

■兼業ではない専属の運転手や秘書を採用する利点

運転手も秘書も首脳陣をサポートするのにはそれ相応の経験とスキルが必要だ。手の空いている人が車を出す、営業マンが自身の仕事の合間に社長のスケジュールを調整する。そのような会社では、取引先からの信頼は得にくいだろう。立ち振る舞いや言葉遣いなどはもちろん、最も重要なのは守秘義務。プロの運転手や秘書なら、社内の人間ではありがちな、「ついしゃべってしまった」などということはありえない。会社の信頼のために最も重要な部分だからこそ、専属にする意味があるのだ。

 

■プロの運転手・秘書のスキル

運転手の場合、安全かつ快適に目的地へ移動するのはもちろん、車の点検・整備から行うので、移動中にガス欠やトラブルに見舞われるなどということは皆無。車内では安心して、次の会議の準備や束の間の休息などに時間を費やすことができる。一方秘書の仕事は、スケジュール管理はもちろん、電話や来客の対応、資料作成など、多岐に渡る。担当する社長や取締役はもちろん、その人に関わるすべての人たちに気配り・心配りができることが秘書には求められる。一朝一夕では決して養うことができないスキルだからこそ、プロの能力が欠かせない分野だ。

 

■会社にぴったりな人材の探し方

とはいえ優秀な人材を確保するには自社で募集・採用、もしくは社員を一から教育しなければならないもの。しかしそう思われてきたのは過去の話だ。最近では高度なスキル・経験を持つ人たちが所属する派遣会社と契約するという企業が増えてきた。例えば役員運転手&秘書派遣会社の株式会社トランスアクト。運転手派遣会社、秘書派遣会社はそれぞれ多数存在するが、両者をまとめて紹介・斡旋する会社は他にはない。運転手は半日、日額、月額で。秘書は時給、日額、月額と必要に応じて料金設定がされている。まずはこちらの要望を伝え、見積もり依頼をしてみよう。運転手・秘書ともエグゼクティブサポート業務に特化しており、ハイレベルなスキルを持つ人材が揃っている。

 

 

会社の業績アップと業務効率をより高めたい。そう考えているなら、運転手・秘書のアウトソーシングを検討してみてはどうだろうか。


2017-10-01 00:00:00

会社経営をするためには、企業全般について熟知しておくことが大切になります。会社の業績はもちろんのこと、どのような社員が働いているのか、どのような課題があるのかなど、きちんと把握できるスキルが必要ですよね。また、仕事をサポートしてくれる秘書の雇い方も気になるところです。そこで、初めて派遣秘書を雇うときの契約方法について、全国の男性会社員を対象にアンケートをとってみました。

 

【質問】

あなたは会社役員です!派遣秘書をはじめて雇うならどの契約方法を選びますか?

【回答数】

長期派遣:38

短期派遣:38

人材紹介:22

紹介予定派遣:15

業務請負:6

 

長期派遣と短期派遣を選んだ男性が同数に!

 

アンケートの結果、長期派遣と短期派遣を選んだ男性が同数という結果となりました。

・長期派遣の契約では、人の入れ替わりが少ないため利用しやすい契約方法です。(30代/男性/会社員)

・できれば長く働かないと情報が武器の秘書として使えないからです。(30代/男性/会社員)

・とりあえず、短期で様子を見て、仕事ができるようであれば、長期派遣の交渉をしたいと思います。(50代/男性/会社員)

・短期派遣から始めて、社員移行時に業務請負に切り替えることで人件費を抑えます。(30代/男性/会社員)

長期派遣:38人、短期派遣:38人、合せて76人の男性が派遣サービスを希望していることが分かりました。長期派遣を選んだ男性の中には、人の入れ替わりが少ない、長く働かないと情報が武器の秘書として使えないとの声があり、長期派遣への期待がうかがえます。一方、短期派遣の回答理由には、仕事ができるようであれば長期派遣の交渉をしたいという意見もあり、いきなり長期での契約には課題があると言えるようです。また、社員移行時に業務請負に切り替えて人件費を抑えるという人もいますが、会社経営には必要なことのかもしれませんね。

 

約2割の男性が人材紹介を希望している

 

アンケートの結果、2番目に多いのは人材紹介になりました。

・その人物の経歴等を事前に知ることができるのでどのような仕事なら問題なくまかせられるか予想し易いから。(40代/男性/会社員)

・こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができ、選ばれた人材が紹介されるため(30代/男性/会社員)

・様々なニーズに応えてくれるのが人材派遣です。即戦力でが必要な時でも力強いです(30代/男性/会社員)

22人の男性は、人材派遣会社を通じた契約を希望していることが分かりました。その人物の経歴等を事前に知ることができるとの声があり、会社とのミスマッチ防止が期待できると言えるようです。また、こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができるという意見もあり、こちらからも、人材派遣会社が持つシステムのメリットがうかがえます。さらに、様々なニーズに応えてくれる、即戦力が必要な時でも力強いとの回答もありますが、人材派遣会社に対する期待の大きさが反映されているのではないでしょうか。

 

2割近くの男性は、紹介予定派遣を希望している

 

アンケートの結果、3番目に多いのは紹介予定派遣になりました。

・まずは、派遣として仕事をしていただき、適性がある方なら正規採用したいと考えます。(30代/男性/会社員)

・良い人であれば今後採用に持ち込める。不適合ならば派遣会社で別な人材を紹介してもらうことが可能。(30代/男性/会社員)

・役員の仕事だけではなくプライベートにも関わる業種なので信頼できる人材であることが条件になるため。(30代/男性/会社員)

15人の男性は、紹介予定派遣を希望していることが分かりました。適性がある方なら正規採用したい、良い人であれば今後採用に持ち込めるという意見からは、正規採用をするためには段階を経ることの大切さがうかがえます。また、不適合ならば別の人材を紹介してもらえることが可能との声もあり、人材派遣会社のメリットかもしれませんね。さらに、プライベートにも関わる業種という答えもありますが、派遣される人材の人間性が重要になるのではないでしょうか。

 

業務請負を希望する男性も少数いる

 

アンケートの結果、ごく少数の男性が業務請負と答えました。

・しっかりと責任を持って働いてもらうにはもってこいの雇い方であるから。(30代/男性/会社員)

・責任の所在が明確になるし、仕事の住み分けもキッチリできるから。(30代/男性/会社員)

・請負単価を設定し、契約することで、業務内容により単価が変化することで効率的に支出を抑えることができる。(40代/男性/会社員)

しっかりと責任を持って働いてもらえるとの声からは、理想的な雇用方法ということが分かりました。また、責任の所在が明確になる、仕事の住み分けがキッチリできるとの意見もあり、業務請負のメリットが強調されているようです。さらに、請負単価設定するなどの意見からは、経費節減を意識していることも分かる結果になりました。

 

会社との相性や派遣秘書のスキルなどが反映!経費対策も!?

 

アンケートの結果、派遣を選んだ男性が8割近くいることが分かりました。また、長期派遣と短期派遣を選んだ人が同数ということも大きな特徴のようです。また、回答理由とは関係なく、会社との相性や、派遣秘書のスキルや仕事に対する姿勢なども反映されているようです。さらに、派遣秘書を雇う理由として、経費対策を意識する人がいることがうかがえました。

 

【質問】

あなたは会社役員です!派遣秘書をはじめて雇うならどの契約方法を選びますか?

【回答数】

長期派遣:38

短期派遣:38

人材紹介:22

紹介予定派遣:15

業務請負:6

 

【アンケート概要】

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】男性 【職業】会社員 

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

【長期派遣】

・いちいち細かいことを言わなくても、あうんの呼吸でわかるようになるためには、長期派遣がいいと思われる。(50代/男性/会社員)

・仕事を覚えて貰い長期に渡って信頼関係を築いていきたいと思うからです。(40代/男性/会社員)

・社員と同じように社に馴染むようにして欲しいので、長期にわたって仕事をしていただける方と契約したいと思います。(40代/女性/専業主婦)

・ころころと代わるのではなく一人の人に長い間働いてほしいと思うから(40代/男性/会社員)

・一日の業務や予定について熟知してもらいたいので、長期間続けてもらえる契約にしたいです。(30代/男性/会社員)

・或る程度長い目で入ってきてほしいですね。短い契約だと、最初から愛着わかない気がします。(30代/男性/会社員)

・長期派遣の契約では、人の入れ替わりが少ないため利用しやすい契約方法です。(30代/男性/会社員)

・派遣といえども、自分の会社で経験を積み、成長して欲しい。場合によっては正社員への登用も考える。(30代/男性/会社員)

・長期で働いてもらい、自分との仕事を通じ、人柄なども含め理解し仕事に取り組んでもらえるから。(20代/男性/会社員)

・長く働かないと派遣の人の実力を発揮する機会が少ないと思います。(20代/男性/会社員)

・能力のある人をじっくり選んで、長く勤めていただいて戦力化したいです。(40代/男性/会社員)

・長期派遣を選ぶことによって常に効率よい業務が遂行できるからである。(20代/男性/会社員)

・長期派遣ですと将来性が出てきます。本社採用の新人を雇用するより長期で働いている派遣の人材の方が即戦力になるから(30代/男性/会社員)

・長期にわたってキャリア形成をしてもらいたいからというのが一番の理由である。(20代/男性/会社員)

・基本的にはその方の希望を重きにおいた雇用契約を行いたいですね。社としては看板となる受付ですので長期が望ましいと思いますので。ただ他部署などの希望が有れば随時対応する形で。(40代/男性/会社員)

【短期派遣】

・役員人事が頻繁にあるので、短期派遣の使いまわしのほうが柔軟性が高い。(40代/男性/会社員)

・どの様な人が来るのか分からないのと、秘書が必要なくなる可能性があるので、都度見直しを行える、短期派遣がいいと思ったから。(30代/男性/会社員)

・実際、働いて見ないとわからない状態で、長期的な契約を結ぶのは怖い。ここは手堅く短期で行きたい。(40代/男性/会社員)

・自分のスケジュール管理と、適切なサポートが見込める人材かという点で、まずは短期派遣で様子見をしたいという本音があるからです。(20代/男性/会社員)

・とりあえずは短期派遣で様子を見てから長期への移行を考えると思います。(30代/男性/会社員)

・とりあえず、短期で様子を見て、仕事ができるようであれば、長期派遣の交渉をしたいと思います。(50代/男性/会社員)

・とりあえずどういう人間か実際に雇ってみないと分からないので、最初は短期で雇います。(20代/男性/会社員)

・どの程度のスキルのある人か判らないので、まずは短期派遣でお願いすると思います。(50代/男性/会社員)

・まずは短期派遣で契約をして、能力をしっかり見極めたいからです。(30代/男性/会社員)

・はじめて秘書を雇う場合、その方が当社とあっているかどうか、不安があります。派遣期間が予め短期であることがわかっていると、万が一、合わなかったときに他の方への変更が容易です。もし、派遣されてきた秘書の方が長期に働いていただきたいような方であった場合、再契約すればよいと思います。(40代/男性/会社員)

・始めて雇うという立場であれば、知識不足というのもあり、私は短期派遣を選びます(40代/男性/会社員)

・派遣秘書というものがどのようなものか試してみてから、先のことを検討したい。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書はまだ採用したことがなく、未知の部分もあるので、短期間で見極めたいです。(20代/男性/会社員)

・まずは派遣での秘書が期待通りに機能するかどうかを見定める必要がある。(50代/男性/会社員)

・まずは業務遂行能力があるかどうかの見定めが必要です。3か月程度の短期で十分と思います。能力ありと判断できれば、直接雇用や派遣契約延長の交渉をします。(50代/男性/会社員)

【人材紹介】

・こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができ、選ばれた人材が紹介されるため(30代/男性/会社員)

・はっきりいって当たり前のことになるかもしれないが、これしかない。(30代/男性/会社員)

・自分の仕事へ直接関わることなので、信頼できる紹介会社から紹介してもらいたいから。(20代/男性/会社員)

・初めて雇うのであれば、ある程度、信頼のおけるところから人材を紹介してもらうのが良いと思う(30代/男性/会社員)

・どの契約方法の形態かより、派遣される個々の人間性に左右されます。(40代/男性/会社員)

・いつも使っている人材派遣会社なら、その会社に必要な条件にあった人材を紹介してくれる(50代/男性/会社員)

・様々なニーズに応えてくれるのが人材派遣です。即戦力でが必要な時でも力強いです(30代/男性/会社員)

・あまりよくわからないので、イメージで選択しました。人材紹介がよりよい人材を派遣してくれるイメージがあります。(40代/男性/会社員)

・ポジションや予算、期限を決めた上で条件にあった人を紹介してもらう事ができるから(40代/男性/会社員)

・紹介だと情報が得やすく、比較的信用もあるため人材紹介を、選択する(40代/男性/会社員)

・派遣秘書をはじめて雇うなら人材紹介の契約方法を選ぶと思うのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)

・その人物の経歴等を事前に知ることができるのでどのような仕事なら問題なくまかせられるか予想し易いから。(40代/男性/会社員)

・やはり最初は人材の紹介で信頼できるスタッフを紹介してもらいたいですね。(50代/男性/会社員)

・慣れるまでにある程度時間が必要な事と、せっかく仕事を覚えたところで契約終了になられても困るから。(40代/男性/会社員)

・なるべく人材のレベルを知りたいので、どのような経歴をもつ人なのかを詳しく知りたいと思います。(40代/男性/会社員)

【紹介予定派遣】

・もしいい人材であれば、自社で採用して長く働いてほしいからです。(30代/男性/会社員)

・紹介予定派遣は、会社役員と派遣秘書のお互いのミスマッチを防げるから。(20代/男性/会社員)

・ある程度の時間をかけて本人の能力を見定めることができ、また本人も仕事や環境に慣れる事ができると思うから。(40代/男性/会社員)

・まずは、派遣として仕事をしていただき、適性がある方なら正規採用したいと考えます。(30代/男性/会社員)

・なんだかんだと色々言ったとしても、はっきりいってこれしかない。(30代/男性/会社員)

・良い人であれば今後採用に持ち込める。不適合ならば派遣会社で別な人材を紹介してもらうことが可能。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書となる方との相性等を考慮し、見極めの期間を設けた上で長期雇用の判断をしたいため。(40代/男性/会社員)

・社外秘の情報や、外部に漏らされたくない面談などもあるため、長期勤務をしていただきたいからです。(40代/男性/会社員)

・気に入ったら、お互いが一緒に仕事したいという関係になったらいいと思って、ずっと一緒という選択肢にした。(30代/男性/会社員)

・この選択肢の中では一番経験豊富な質の高そうな人材が紹介派遣予定の秘書だと思うから。(30代/男性/会社員)

・洗練された街の中で多くの一流の人達に囲まれながら働けてスキルアップできるから(30代/男性/会社員)

・普通の派遣だと人物を特定しないよう努めなければならないと法律で明記されていますが紹介予定派遣なら堂々と人選できるため。(30代/男性/会社員)

・ある程度人物を評価する時間が欲しいが、業務内容に深く接するので、軽々に交代してもらいたくないから(40代/男性/会社員)

・将来正社員として働くことを視野に入れ、この会社に合っているかどうか、自分と相性がいいかどうかなどを判断しながら仕事を任せたいから。コロコロ人は変えたくないので。(20代/男性/会社員)

・役員の仕事だけではなくプライベートにも関わる業種なので信頼できる人材であることが条件になるため。(30代/男性/会社員)

【業務請負】

・責任の所在が明確になるし、仕事の住み分けもキッチリできるから。(30代/男性/会社員)

・しっかりと責任を持って働いてもらうにはもってこいの雇い方であるから。(30代/男性/会社員)

・請負単価を設定し、契約することで、業務内容により単価が変化することで効率的に支出を抑えることができる。(40代/男性/会社員)

・ある程度のスキルがすでに身についており、できるだけ長期に渡ってサポートをしてくれる方の方が会社といてはメリットがあると考える為(40代/男性/会社員)

・直接雇用ではないので、労働契約上のリスクが生じないためリスクマネジメントの観点から請負契約とするのがよいと思われる。(50代/男性/会社員)

 

あなたは会社役員です!派遣秘書をはじめて雇うならどの契約方法を選びますか?

 

【長期派遣】

・一日の業務や予定について熟知してもらいたいので、長期間続けてもらえる契約にしたいです。(30代/男性/会社員)

・長く働かないと派遣の人の実力を発揮する機会が少ないと思います。(20代/男性/会社員)

・たとえ派遣でも秘書という責任ある仕事を任せるのでなるべく長く、信頼できる方に任せたい。(30代/男性/会社員)

・或る程度長い目で入ってきてほしいですね。短い契約だと、最初から愛着わかない気がします。(30代/男性/会社員)

・長期派遣を選ぶことによって常に効率よい業務が遂行できるからである。(20代/男性/会社員)

・正社員を雇用すより人材コストが安く済み、必要な期間に必要な人数や人材を確保できるからです。(30代/男性/会社員)

・長期で働いてもらい、自分との仕事を通じ、人柄なども含め理解し仕事に取り組んでもらえるから。(20代/男性/会社員)

・長期派遣の契約では、人の入れ替わりが少ないため利用しやすい契約方法です。(30代/男性/会社員)

・懸命に働いてもらいたいので、長く勤務できる人がいいにこしたことはない。(40代/男性/会社員)

・秘書を短期間で変えてしますと、仕事の効率が低下すと考えるからです。(20代/男性/会社員)

・能力のある人をじっくり選んで、長く勤めていただいて戦力化したいです。(40代/男性/会社員)

・長期間その会社に勤めることによって本人もある程度その仕事を覚えていくことで会社、派遣社員の関係性がうまくいくと思います。(40代/男性/会社員)

・長期的目線を持つことで共に成長していくために頑張ることができるから。(20代/男性/会社員)

・会社の事を知って貰うためには、時間が必要ですし、足りない部分は教育が出来るからです。(30代/男性/会社員)

・短期で変わると業務に支障をきたすと思うので、長期派遣で契約したいですね。(30代/男性/会社員)

・できれば長く働かないと情報が武器の秘書として使えないからです。(30代/男性/会社員)

・派遣といえども、自分の会社で経験を積み、成長して欲しい。場合によっては正社員への登用も考える。(30代/男性/会社員)

・社員と同じように社に馴染むようにして欲しいので、長期にわたって仕事をしていただける方と契約したいと思います。(40代/女性/専業主婦)

・秘書をやる上で一番重要なことは、会社のことを十分に理解することだと考えているからです。そのためじっくりと仕事を覚える必要があるので、長期派遣の方法を選びます。(30代/男性/会社員)

・基本的にはその方の希望を重きにおいた雇用契約を行いたいですね。社としては看板となる受付ですので長期が望ましいと思いますので。ただ他部署などの希望が有れば随時対応する形で。(40代/男性/会社員)

・短期のように短い期間ではなく、長期に信頼と信用を築いていきながら一緒に仕事がしたいから。(30代/男性/会社員)

・いちいち細かいことを言わなくても、あうんの呼吸でわかるようになるためには、長期派遣がいいと思われる。(50代/男性/会社員)

・あまり短期で雇うよりも、長期のほうが、双方にとってよいのではと思う。(50代/男性/会社員)

・どうせ雇うのであれば、あまりころころと人を変えたくないから。(20代/男性/会社員)

・長くいてもらうことで、たくさんの仕事内容を覚えてもらえるので、最初からいろいろなことを時間をかけて教えやすい(30代/男性/会社員)

・長期派遣ですと将来性が出てきます。本社採用の新人を雇用するより長期で働いている派遣の人材の方が即戦力になるから(30代/男性/会社員)

・長期にわたってキャリア形成をしてもらいたいからというのが一番の理由である。(20代/男性/会社員)

・信頼関係が重要だと思うので、一度採用したらできるだけ長く働いてほしいです。(40代/男性/会社員)

・仕事を覚えて貰い長期に渡って信頼関係を築いていきたいと思うからです。(40代/男性/会社員)

・ころころと代わるのではなく一人の人に長い間働いてほしいと思うから(40代/男性/会社員)

【短期派遣】

・まずスキルや人となりを見たいです。その上で長期雇用するかどうか判断します。(40代/男性/会社員)

・とりあえずどういう人間か実際に雇ってみないと分からないので、最初は短期で雇います。(20代/男性/会社員)

・スポットで必要な時だけ秘書がいてくれれば事足りる事が殆どのため。(40代/男性/会社員)

・秘書などの実力を試すにも短期派遣を実施して、良ければ契約延長する。(30代/男性/会社員)

・まずは業務遂行能力があるかどうかの見定めが必要です。3か月程度の短期で十分と思います。能力ありと判断できれば、直接雇用や派遣契約延長の交渉をします。(50代/男性/会社員)

・まずは短期派遣で契約をして、能力をしっかり見極めたいからです。(30代/男性/会社員)

・短期派遣から始めて、社員移行時に業務請負に切り替えることで人件費を抑えます。(30代/男性/会社員)

・採用した方の人間性や相性を面接の段階で完全に見抜くことは難しいでしょう。短期雇用で様子を見て、長く働いてほしいと感じたら長期雇用に切り替えていただけば良いと思います。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書というものがどのようなものか試してみてから、先のことを検討したい。(30代/男性/会社員)

・初めて雇うにあたってどの程度の仕事を任せるのか、どのレベルまで任せていけるのかを試す意味でも一度短期で試験的に雇用してみたいと思うので短期派遣を選びました。(20代/男性/会社員)

・はじめて秘書を雇う場合、その方が当社とあっているかどうか、不安があります。派遣期間が予め短期であることがわかっていると、万が一、合わなかったときに他の方への変更が容易です。もし、派遣されてきた秘書の方が長期に働いていただきたいような方であった場合、再契約すればよいと思います。(40代/男性/会社員)

・人、それぞれの相性があるので、まずは、短期派遣から行う。リスクを減らすため。(30代/男性/会社員)

・まずその方がどのような性格なのか、仕事の仕方やスタンス、考え方を短期間でみて職場に合いそうなら他の契約に切り替える(40代/男性/会社員)

・どの程度のスキルのある人か判らないので、まずは短期派遣でお願いすると思います。(50代/男性/会社員)

・派遣の秘書を雇用するとしたら最初は短期契約で様子を見てからです。(20代/男性/会社員)

・派遣される人が有能かどうかがわからないため短期契約で雇いたいと思います。有能であれば長期契約で雇えるようにしたらいいと思うのでお試しとして短期契約で雇いたいと思います。(20代/男性/会社員)

・とりあえず、短期で様子を見て、仕事ができるようであれば、長期派遣の交渉をしたいと思います。(50代/男性/会社員)

・派遣される人材がどの程度の力量があったり、コミュニケーション能力があるのか分からないので短期で契約し、様子を見て長期に切り替えるかを検討したいから。(30代/男性/会社員)

・実際、働いて見ないとわからない状態で、長期的な契約を結ぶのは怖い。ここは手堅く短期で行きたい。(40代/男性/会社員)

・まずは派遣での秘書が期待通りに機能するかどうかを見定める必要がある。(50代/男性/会社員)

・派遣秘書をはじめて雇うならよくわからないので、短期で様子を見たいですね。(30代/男性/会社員)

・まず短期派遣で契約して、仕事ができる人か判断して、できる人なら契約更新するというやり方がいいと思います。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書はまだ採用したことがなく、未知の部分もあるので、短期間で見極めたいです。(20代/男性/会社員)

・どの様な人が来るのか分からないのと、秘書が必要なくなる可能性があるので、都度見直しを行える、短期派遣がいいと思ったから。(30代/男性/会社員)

・自分のスケジュール管理と、適切なサポートが見込める人材かという点で、まずは短期派遣で様子見をしたいという本音があるからです。(20代/男性/会社員)

・まずはお試しで短期から初めて、気に入ったらさらに長期の契約にしてもらえばいいと思います。(50代/男性/会社員)

・長期的に続けられるのか、あるいは別の派遣社員または派遣業者が良いのかを判断するため。(40代/男性/会社員)

・とりあえずは短期派遣で様子を見てから長期への移行を考えると思います。(30代/男性/会社員)

・始めて雇うという立場であれば、知識不足というのもあり、私は短期派遣を選びます(40代/男性/会社員)

・秘書の適・不敵を判断する必要があるため、最初は短期派遣として契約したいから。(40代/男性/会社員)

・まずは短期で様子を見たいですね、良ければ長期でという感じで。(30代/男性/会社員)

・役員人事が頻繁にあるので、短期派遣の使いまわしのほうが柔軟性が高い。(40代/男性/会社員)

・まず短期派遣で、どのようなことまでしてくれるか見極めてからその後の契約を考えたいです。(30代/男性/会社員)

【人材紹介】

・初めて雇うのであれば、ある程度、信頼のおけるところから人材を紹介してもらうのが良いと思う(30代/男性/会社員)

・ある程度の信頼関係を築く為にも短期はあり得ないです。信頼出来る人からの紹介であればある程度の期待が出来ます。(30代/男性/会社員)

・こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができ、選ばれた人材が紹介されるため(30代/男性/会社員)

・様々なニーズに応えてくれるのが人材派遣です。即戦力でが必要な時でも力強いです(30代/男性/会社員)

・いつも使っている人材派遣会社なら、その会社に必要な条件にあった人材を紹介してくれる(50代/男性/会社員)

・ある程度実績のある人に任せていきたいので人材紹介で即戦力を採用したいです。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書をはじめて雇うなら人材紹介の契約方法を選ぶと思うのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)

・紹介だと情報が得やすく、比較的信用もあるため人材紹介を、選択する(40代/男性/会社員)

・自分の仕事へ直接関わることなので、信頼できる紹介会社から紹介してもらいたいから。(20代/男性/会社員)

・はっきりいって当たり前のことになるかもしれないが、これしかない。(30代/男性/会社員)

・なるべく人材のレベルを知りたいので、どのような経歴をもつ人なのかを詳しく知りたいと思います。(40代/男性/会社員)

・どの契約方法の形態かより、派遣される個々の人間性に左右されます。(40代/男性/会社員)

・ポジションや予算、期限を決めた上で条件にあった人を紹介してもらう事ができるから(40代/男性/会社員)

・慣れるまでにある程度時間が必要な事と、せっかく仕事を覚えたところで契約終了になられても困るから。(40代/男性/会社員)

・やはり最初は人材の紹介で信頼できるスタッフを紹介してもらいたいですね。(50代/男性/会社員)

・あまりよくわからないので、イメージで選択しました。人材紹介がよりよい人材を派遣してくれるイメージがあります。(40代/男性/会社員)

・その人物の経歴等を事前に知ることができるのでどのような仕事なら問題なくまかせられるか予想し易いから。(40代/男性/会社員)

【紹介予定派遣】

・派遣秘書となる方との相性等を考慮し、見極めの期間を設けた上で長期雇用の判断をしたいため。(40代/男性/会社員)

・普通の派遣だと人物を特定しないよう努めなければならないと法律で明記されていますが紹介予定派遣なら堂々と人選できるため。(30代/男性/会社員)

・良い人であれば今後採用に持ち込める。不適合ならば派遣会社で別な人材を紹介してもらうことが可能。(30代/男性/会社員)

・なんだかんだと色々言ったとしても、はっきりいってこれしかない。(30代/男性/会社員)

・将来正社員として働くことを視野に入れ、この会社に合っているかどうか、自分と相性がいいかどうかなどを判断しながら仕事を任せたいから。コロコロ人は変えたくないので。(20代/男性/会社員)

・紹介予定派遣は、会社役員と派遣秘書のお互いのミスマッチを防げるから。(20代/男性/会社員)

・ある程度人物を評価する時間が欲しいが、業務内容に深く接するので、軽々に交代してもらいたくないから(40代/男性/会社員)

・気に入ったら、お互いが一緒に仕事したいという関係になったらいいと思って、ずっと一緒という選択肢にした。(30代/男性/会社員)

・まずは、派遣として仕事をしていただき、適性がある方なら正規採用したいと考えます。(30代/男性/会社員)

・洗練された街の中で多くの一流の人達に囲まれながら働けてスキルアップできるから(30代/男性/会社員)

・社外秘の情報や、外部に漏らされたくない面談などもあるため、長期勤務をしていただきたいからです。(40代/男性/会社員)

・役員の仕事だけではなくプライベートにも関わる業種なので信頼できる人材であることが条件になるため。(30代/男性/会社員)

・この選択肢の中では一番経験豊富な質の高そうな人材が紹介派遣予定の秘書だと思うから。(30代/男性/会社員)

・もしいい人材であれば、自社で採用して長く働いてほしいからです。(30代/男性/会社員)

・ある程度の時間をかけて本人の能力を見定めることができ、また本人も仕事や環境に慣れる事ができると思うから。(40代/男性/会社員)

【業務請負】

・責任の所在が明確になるし、仕事の住み分けもキッチリできるから。(30代/男性/会社員)

・請負単価を設定し、契約することで、業務内容により単価が変化することで効率的に支出を抑えることができる。(40代/男性/会社員)

・ある程度のスキルがすでに身についており、できるだけ長期に渡ってサポートをしてくれる方の方が会社といてはメリットがあると考える為(40代/男性/会社員)

・しっかりと責任を持って働いてもらうにはもってこいの雇い方であるから。(30代/男性/会社員)

・直接雇用ではないので、労働契約上のリスクが生じないためリスクマネジメントの観点から請負契約とするのがよいと思われる。(50代/男性/会社員)

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

 


1