最新情報

2017-07-10 00:00:00

会社では日々様々な取引が行われています。突発的な商談も多いでしょう。急に海外を介した取引が発生してしまい、その国の言語に精通した人がいない場合にはどのように対応すればよいでしょうか。そんなとき派遣のサービス利用はいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

■状況を理解した通訳の秘書がおススメ

 

通訳の経験豊富な人材を探すには、通訳専門の派遣会社に問い合わせてみるのが近道です。このような派遣会社の中には役員秘書経験者も登録していることもあります。適切な人材を探さなければいけない、時間も限られているなど差し迫った状況の中では、商談や会議通訳経験の豊富な人の存在は欠かせないでしょう。さらに、大切な取引ですので、すぐに状況を把握し、臨機応変な対応ができるような人材でなければなりません。役員の片腕となることができる実務経験が豊富な役員秘書経験者であれば尚良いでしょう。派遣会社に依頼することで、急な人材確保も可能になります。

 

 

 

■多忙な出張時!手が回らない細かい業務をお任せ

 

海外取引の中では、急な海外出張が入ったり、この取引以外でも別案件での出張が発生したりする可能性があります。役員は多忙な人が多いので、日々の細かい業務が追いつかない可能性が高いです。社内で不在にしていても、その業務がしっかり回ることは会社の運営にとっては不可欠です。そんなときには限られた日程を限定して役員秘書の派遣を依頼すると、不安が解消されます。派遣会社は1週間、場合によっては数日間の派遣業務にも対応することが可能です。細かい業務は溜まってしまうと膨大な量になってしまいますので、事前に先手をうって、役員秘書を派遣してもらうことも一案ではないでしょうか。

 

 

 

■海外でのメール・電話対応もバッチリ!

 

役員秘書がいることにより、安心感が得られます。派遣会社に登録している人材で、役員秘書の経験がある人は様々な会社での実績があります。常に違う環境で、即戦力として派遣先の会社で仕事をすることに慣れている人も多いです。そのため、基本的なビジネスマナーや接遇応対なども安心できますし、突発的な事態が発生しても冷静に対処できる経験を積んでいます。海外からのメールに対しても即座に反応することが可能ですし、電話の応対なども安心してお任せすることができます。その場の状況を瞬時に判断できる洞察力も優れています。急な海外取引が発生して、その限られた期間で最大限に貢献してくれる人を求めるのであれば、役員秘書に依頼するのが得策と言えるでしょう。

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。