最新情報

2017-11-20 00:00:00

職場ではいろいろな人と接しますが、その人の良さは、見た目ではなく内面の美しさが評価されますよね。それと同時に、見た目がさわやかな人は好感度アップに結びつきやすいことも正直なところです。さらに、美人の女性は有利になることがあるかもしれません。たとえば、会社役員を全面的にサポートする秘書は会社を代表する存在ですよね。それだけに、見た目を考慮して採用されることもあるのではないでしょうか。そこで、美人秘書が多いのはどんな業界かについて、男女100人を対象にアンケートを取ってみました。

 

【質問】

各業界別美人秘書ランキング!!(美人秘書が多いと思う業界は?)

【回答数】

IT関連:24

政治家:13

金融:11

外資系:44

弁護士業界:8

 

最も多いのは外資系秘書!世界が相手なので有利な場面も

 

アンケートの結果、「外資系」と答えた人が最も多いことがわかりました。

・外資系の会社の秘書というと、英語が堪能で何となくあかぬけたイメージがあるから。(60代/女性/専業主婦)

・ぱっと直感で思ったイメージが外資系で帰国子女の美人秘書が多いイメージだから(20代/女性/パートアルバイト)

・外資系は世界とのやりとりだし、美人を連れていないとうまくいかないこともありそう。(30代/男性/会社員)

・外資系の秘書はきれいな人が多いという勝手なイメージがあるからです。(40代/男性/会社員)

 

44人の男女は、外資系の秘書だと思っているようです。英語が得意そう、帰国美人秘書が多そうなどの意見が寄せられています。世界を相手に取引するためにも美人のほうが有利な場面が多いのかもしれませんね。また、「勝手なイメージがある」とのコメントに代表されるように、イメージで答えた傾向があることがわかる結果となりました。男女、それぞれの共通点としても注目されるのではないでしょうか。

 

二番目に多いのはIT関連秘書!会社全体が若い傾向も

 

アンケートの結果、「IT関連」と答えた人が二番目に多いことがわかりました。

・IT関連の会社はワンマンの社長が多いので社長の好みの秘書がいそうだから。(20代/女性/専業主婦)

・IT関係の企業は、社長もカッコいいイメージがあるので、秘書も綺麗な人が多そう。(40代/女性/パートアルバイト)

・IT関連の社長は自由に自分で秘書を選んでいるイメージがあるからです。(30代/男性/契約派遣社員)

・いろいろな業界からの転身が多いので、その分美人の方も多くなると思います。(30代/男性/契約派遣社員)

 

24人の男女は、IT関連の秘書だと思っているようです。ワンマン・カッコイイなど、社長のイメージに関する意見が挙げられました。自分で秘書を決めるのでは?というコメントにもうなずけますよね。また、IT業界には他業界からの転職が多いという、社員に関する考え方も特徴の一つかもしれません。IT機器は身近な存在だけに社長も社員も若い傾向もあり、おのずから秘書のイメージにつながるようですね。

 

三番目に多いのは政治家秘書!雇い主(政治家)の影響力も

 

アンケートの結果、「政治家」と答えた人が三番目に多いことがわかりました。

・政治家は公の場に出ることが多いので、容姿のきれいな人を取り揃えているイメージがある。(30代/女性/専業主婦)

・政治家は秘書がテレビに映る機会も多いので、美人が多いとおもいます。(30代/男性/会社員)

・政治家は男性の割合が圧倒的に多い。男性の政治家は美人の女秘書を雇って、モチベーションアップにつなげていると思う。(20代/女性/無職)

・政治家だと、お金と人脈を使ってどこからでも美人秘書を引き抜いてきそうなイメージがあるため。(40代/男性/会社員)

 

13人の男女は、政治家の秘書だと考えているようです。政治家や政治家秘書は、テレビなど公の場に出る機会が多いですよね。政治家には男性が多い傾向がありますが、美人秘書が身近にいることで仕事の効率アップに結びつくのかもしれません。政治家に対する世間一般のイメージから、財力やコネを使えるとの意見も寄せられています。このように、政治家の秘書には雇い主(政治家)の影響力がかなり強い様子がわかる結果となりました。

 

金融と弁護士業界!それぞれの業界の特徴が秘書の採用にも

 

アンケートの結果、「金融」に次いで「弁護士業界」の順となりました。

・金融系は古い業界体質なので女性秘書はすごくきれいな人が多いです(30代/男性/会社員)

・金融業界は男性社会なので、女性秘書を顔で選びそうだと思いました。(20代/女性/会社員)

・弁護士は若いときに受験勉強のみやってきており抑圧された生活をしてきている。その反動で合格後は、遊び方が派手になる傾向がある。 独立後もその兆候が妙実に表れる。秘書だけでなくスタッフや事務員さんも若い女の子を採用する傾向が極めて高い。(30代/男性/自由業・フリーランス)

 

11人の男女は、金融の秘書だと答えているようですね。古い業界体質、男性社会といった、金融業界の様子が見て取れました。弁護士業界を選んだ人は8人。合格までの厳しい受験生活から解き放たれたことから、私生活が派手になる、若い女性を採用するなどの可能性が指摘されているようです。このように、金融業界と弁護士業界、それぞれの職場ならではの特徴が秘書の採用につながるのかもしれませんね。

 

それぞれの業界に対するイメージが強い!秘書像にも反映?

 

アンケートの結果、「外資系」と答えた人が最も多く、全体の半数近くになることがわかりました。また、取引先が世界に及ぶ、会社全体が若い、権力の影響があるなど、それぞれの業界に対するイメージが強く、それが秘書像にも反映さえているようですね。質問の括弧書き(美人秘書が多いと思う業界は?)に「思う」が入っていることも関係するのかもしれません。なお、アンケートの対象者には女性も含まれていますが、同性に対するライバル意識はあまり感じられないようです。みなさんが求人情報を探すときは、こちらに寄せられたコメントを参考にしてはいかがでしょうか。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

各業界別美人秘書ランキング!!(美人秘書が多いと思う業界は?)

 

【IT関連】

・秘書をアクセサリー的に見栄の為にルックスで選んで当然という軽い感じがする。(40代/男性/公務員)

・この業界は華やかなイメージなので、秘書もそれなりの外見の人を選ぶと思うので。(50代/女性/会社員)

・IT系はお金もちの方が多いと思うので、美人な秘書さんがいるイメージです。(30代/女性/専業主婦)

・IT関連の会社は、社長が若そうなイメージがあり美人秘書を雇っている人が多い気がします。(30代/男性/会社員)

・IT関係で働く方は、男女問わずスマートで知的でステキな方が多い印象があるので、秘書の方も美人な方が多いと思います。(40代/女性/専業主婦)

・能力よりも見た目で選びそうなので、IT関連会社には美人が多そうですね(30代/女性/会社員)

・勢いのある業界にはやはりそのような人材が集まるような気がします。業界の人間自にも若者が多いですしね。(40代/男性/無職)

・いろいろな業界からの転身が多いので、その分美人の方も多くなると思います。(30代/男性/契約派遣社員)

・IT関連の秘書は、イメージ的に若くて美人な方が多いという印象があります。(30代/男性/会社員)

・IT関連の企業は人気が高いと思いますので、美人秘書が多いのではないかと思います。(40代/男性/無職)

・IT関係の企業は、社長もカッコいいイメージがあるので、秘書も綺麗な人が多そう。(50代/女性/パートアルバイト)

・IT関連の会社の社長は派手なイメージがあり、メディアにも取り上げられやすいので、見栄えのいい秘書を雇うのではないかと思います。(30代/女性/専業主婦)

・やはり、IT業界は羽振りが良い事もあり美人の秘書も集まりやすい。(40代/男性/会社員)

・逆に女性がIT企業に入ろうと思ったら秘書か受付しかありえないと思う。(40代/男性/無職)

・秘書に求められるのは有能さではあるが、IT業界では、普段は陰の存在の秘書がマスコミや市民の前に姿を現す機会が多そうなので、外見も重要視して秘書を選んでそうだから。(40代/女性/その他専門職)

・今若い社長が多いIT関連は秘書も若いでしょうしかなりの美人のイメージです。(40代/女性/会社員)

・根拠はありませんが、昔から流行の業種の秘書は美人が多いと思います。(50代/男性/無職)

・他の業界と比較し、社員数が多く、その中から選ばれた秘書だから。(60代/男性/公務員)

・ライブドアの乙部さんみたいな方が多いのではないかと想像してしまいます。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・IT関連の社長は自由に自分で秘書を選んでいるイメージがあるからです。(30代/男性/契約派遣社員)

・なんとなくのイメージだけど、IT業界は年齢が若く、仕事一本でなく上手く遊びながら経営してる人も多そうなので、秘書も先ずは見た目から選んでいそうだから。(30代/女性/専業主婦)

・IT企業関係は業界自体がまだ若くて活気のある業界なので、そこで選ばれた秘書たちは少し他業種の秘書たちよりは美人のイメージがあります。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・ITは新しい分野のせいか、徹底していそうな感じがするからです。(40代/女性/無職)

・IT関連の会社はワンマンの社長が多いので社長の好みの秘書がいそうだから。(20代/女性/専業主婦)

【政治家】

・政治家は公の場に出ることが多いので、容姿のきれいな人を取り揃えているイメージがある。(30代/女性/専業主婦)

・政治家だと、お金と人脈を使ってどこからでも美人秘書を引き抜いてきそうなイメージがあるため。(40代/男性/会社員)

・美人といえば高嶺の花というか遠い存在なイメージなのでそういう人をそばに置くのはなかなか簡単には入れない業界人の方かなと思ったから。(30代/女性/パートアルバイト)

・政治家は、姿を見られる商売なので、自分の周辺にはきれいどころをおいて、人の目を引かなくてはいけないから。(40代/女性/専業主婦)

・なんとなく政治家は顔で売っているところもあると思うので、秘書も容姿がいい人が多いと思う(20代/女性/無職)

・政治家には。女性秘書が多いイメージが個人的にはあります。個人的にはですが(30代/男性/契約派遣社員)

・政治家の先生達は自分のイメージアップの為綺麗な人を傍に置きそうな気がする。(20代/女性/会社員)

・選び放題で、まずは美人からって感じがします。いやらしさも感じますが。(40代/女性/パートアルバイト)

・政治家は男性の割合が圧倒的に多い。男性の政治家は美人の女秘書を雇って、モチベーションアップにつなげていると思う。(20代/女性/無職)

・そりゃあ日本を動かしてる権力ある男って魅力的だと思いますよ。そういう世界の裏側見たいし、ある程度信用を得たら自分の意見をそれとなく言ってみたい。(50代/女性/公務員)

・権力により、美人の秘書を集めていそうなイメージがあるからです。(30代/女性/専業主婦)

・政治家は秘書がテレビに映る機会も多いので、美人が多いとおもいます。(30代/男性/会社員)

・政治家の方は、他の職業に比べ人と会うことが多いと思います。そこで、美人秘書を連れて歩くことでちょっとした自己満足が得られそうな気がします。(40代/女性/自営業(個人事業主))

【金融】

・金融業界は男性社会なので、女性秘書を顔で選びそうだと思いました。(20代/女性/会社員)

・自分の経験上、金融系というか、商社には、美人な女性秘書が多いと思います。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・綺麗所の宝庫で秘書たちのバトルも凄そう!という勝手なイメージ。(30代/女性/専業主婦)

・基本的に金融はきれいな人が多いから。きれいにしている人が多いだけかもしれないが。(30代/女性/無職)

・美人なだけならば、すべてに当てはまると思います。けれどごてごてしさや胡散臭さなど高感度の低い美人が一番少なさそうなのは金融関係だと思います。素の美人、というイメージです。(30代/女性/パートアルバイト)

・金融系は古い業界体質なので女性秘書はすごくきれいな人が多いです(30代/男性/会社員)

・銀行の窓口くらいしか見たことがありませんが、美人が多い印象です。他の業界は良くも悪くも能力主義の印象が強いです(金融も本当はそうなんでしょうが、普段のイメージです)。(30代/女性/自営業(個人事業主))

・銀行や証券会社関係は美人の従業員が多いですから、秘書も美人が多いと思います。(60代/男性/無職)

・保険会社の秘書はできもしないのに、顔パス。だか、保険募集人は顔関係ない。(40代/女性/会社員)

・歴史ある日本企業ほど、若くて容姿の良い人が秘書として採用、登用されがちだからです。政治家や弁護士秘書は特殊能力を必要とするのでまた別ですし、IT関連など新しいところも能力重視です。外資系こそ能力が重視されます。(40代/女性/専業主婦)

・政治家ですかね、おてつき秘書なんでそらきれいな人なんじゃないかな、妄想ですが(30代/男性/会社員)

【外資系】

・海外とのやりとりもあるので万国共通するような才色兼備なイメージ。(30代/女性/専業主婦)

・洗練された雰囲気が漂う外資系には、美人秘書も多いのではないかといったイメージをもっています。国際的センスと教養のある華やかな女性が似合います。(40代/女性/その他専門職)

・漠然としてですが、人種の違う人との交流が多そうですから、見た目も大切と思います。(40代/女性/無職)

・外資系と聞くとグローバルなので秘書も特別美人なイメージがある。(20代/女性/無職)

・美人でお金が好きな秘書が集まりそうなイメージがあるからです。(30代/男性/自営業(個人事業主)

・ハーフの人が多いイメージ。英語ができそうな欧米人とのハーフには美女も多数。(20代/女性/会社員)

・人前に出るのにやはり知的で美人の人は多い業界のイメージがあります(30代/女性/パートアルバイト)

・弁護士は実質系、政治家は多忙しっかり系、IT系は文理系クールな才女系、金融は理知的と考えると外資系かなと思えました。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・日本国内だけでなく外国にも精通していそうなので、より第一印象が大事になってきそうだから。政治家は男性の秘書が多そうだし…(30代/女性/専業主婦)

・勝手なイメージだけど英語も話せて容姿も求められそうな職業そうだから。(20代/女性/専業主婦)

・英語も話せて服のセンスも良い、華やかな美人が多そうなイメージがあるからです。(40代/女性/専業主婦)

・給与が高いところに美人秘書はたくさん集まると思われます。しょせんはお金がすべてです。(40代/男性/会社員)

・選択肢から選ばなければならないから選んだだけで、それ以外の理由はない(40代/女性/パートアルバイト)

・一緒に連れて回るのに外資系だと世界基準である程度の美人のほうが良さそうなので面接の時点で美人も一つの条件となってそうだから。(30代/女性/専業主婦)

・バリバリと仕事をこなしつつ、自分への手入れをしっかりとしていそうなイメージです。(30代/女性/専業主婦)

・ぱっと直感で思ったイメージが外資系で帰国子女の美人秘書が多いイメージだから(20代/女性/パートアルバイト)

・特に理由はないですが、外資系の秘書は美人という印象があります。(30代/男性/会社員)

・外資系は美人秘書がいそうなイメージですね、しかし男だったりすることが多いですけどね(30代/男性/会社員)

・政治家や金融は男性秘書が多いイメージなので、外資系かなと思います。会社のイメージにも繋がる気がするので。(20代/女性/専業主婦)

・外資系はハーフの方が多いので、きらびやかで華やかな雰囲気の人材がそろっています。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・なんとなくイメージ的に、容姿端麗で頭のいい人が多そうだからです。(30代/女性/会社員)

・日本の企業よりも視野が広そうに感じます。なので、入社の条件も寛大なイメージなのでたくさんの中から綺麗な人を選べる気がします。(50代/女性/自営業(個人事業主))

・外資系の秘書というと、英語ができる才女のイメージがあるから。(60代/女性/専業主婦)

・やはり外資系については通訳などを必要とするなど活躍の場も多いのではないでしょうか。(30代/男性/その他専門職)

・外資系の秘書は英会話は必須、アメリカやヨーロッパなどの留学経験ある人が多いと思うので、ファッションのみならず、運動などにも積極的でスタイルもよく垢ぬけていていると思います。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・英語を使う必要があり、多くの人と接する機会があるからです。また外資系はおしゃれなイメージもあるので、それに見合ったキレイな人が秘書になっていると思います。(20代/女性/専業主婦)

・外資系企業は、給料も高いので、いい人材が集まってくると思います。(40代/女性/会社員)

・外国語が出来る女性が勤めてるイメージ。外見も華やかで、社交的な人が選ばれそう。(30代/女性/専業主婦)

・政治家はまだまだ男性の世界であるといった印象から却下です。その他の選択肢はどれもアリかと思いますが、中でも交渉ごとの多そうな外資系は美人も条件に入っているのではないかと想像します。(40代/女性/無職)

・グローバルな視野や経験がある方は国境をこえて視野も広く柔軟な方が多いので、価値観も多様でおしゃれな人が多い。(40代/女性/専業主婦)

・なんとなく語学が堪能で綺麗な人が多そう。外国の文化によってはパーティなどもあると思うので見栄えが良い人が多そう。(20代/女性/会社員)

・外資系の秘書はきれいな人が多いという勝手なイメージがあるからです。(40代/男性/会社員)

・外資系企業に多いと思います。ついで、IT関係、金融関係ですかね。(60代/男性/無職)

・語学堪能で見た目にも美しい、女子力の高い才女が多そうな感じがします。(30代/女性/会社員)

・若い女性が多く、面接時は顔で採用の有無を決めていそうなイメージがあります。(40代/女性/専業主婦)

・外資系はやはり語学力がなくてはならないと思う。そうなると語学堪能なハーフの方になる。ハーフの方は綺麗な方が多いと思う。(50代/男性/会社員)

・金融系とかどちらか迷ったのですが私自体、外資系の話をあまり聞かないのもあり不透明な部分があるなら、そこには美人な秘書さんがいるんじゃないかと思いました。(20代/男性/自営業(個人事業主))

・勝手なイメージかもしれませんが、外資系だとおしゃれで、きれいな人が多いような気がします。(40代/女性/専業主婦)

・外資系の会社の秘書というと、英語が堪能で何となくあかぬけたイメージがあるから。(60代/女性/専業主婦)

・男女差別のジェンダーフリーなところでも、美人と言う事で選ばれるところだから(40代/女性/無職)

・他業界は知らないけど、外資系は何故か美人顔多い気がする。帰国子女とかが居るからかな。(10代/男性/学生)

・勝手なイメージですが外資系のほうが多い気がします。スペックの高い美女ぞろい(30代/女性/パートアルバイト)

・外資系は世界とのやりとりだし、美人を連れていないとうまくいかないこともありそう。(30代/男性/会社員)

・外資系だから色々な人と会わないといけないと思うので、外見も必要な気がする。(30代/女性/専業主婦)

【弁護士業界】

・美人秘書が多いと思う業界は、弁護士業界なのではないかと思う。(50代/男性/会社員)

・人前や表に出る機会が多い秘書さんたちは自然と磨かれてくるので、美人が多いと思います。(40代/女性/専業主婦)

・全く想像がつかないのでイメージと勘で。。でも全体的に秘書はきれいなイメージが多いです!(30代/女性/契約派遣社員)

・弁護士は収入もよいので雇う秘書もいい給料で美人を集めてそうに思います(40代/男性/自由業・フリーランス)

・人対人の職業ですから、秘書に限らず、見た目を非常に大事にしている気がします。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・弁護士業界の秘書の女性は美人というイメージがあるのは、テレビの影響もあると思います。(20代/女性/契約派遣社員)

・弁護士は若いときに受験勉強のみやってきており抑圧された生活をしてきている。その反動で合格後は、遊び方が派手になる傾向がある。独立後もその兆候が妙実に表れる。秘書だけでなくスタッフや事務員さんも若い女の子を採用する傾向が極めて高い。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・美人秘書よりも有能さを求めるもの。とりあえず、頻繁にとりひきのある弁護士業界にしておいたが。(40代/男性/会社員)

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

 


2017-11-15 00:00:00

起業のリアルと企業のリアル 「学生に、経営のありのままを見てもらえたら」

 

起業して間もない頃、他に選択肢がなかった私は格好悪かろうが何だろうが全てに必死で、追い詰められた状況のなか会社経営に関わることを一人で全部やってきました。

そのため、細かい枝葉のスキルだけではなく会社の幹となる経営そのものを学びたい学生さんにはとても勉強になると思います。もちろん、インターンの学生さんにはプロドライバーの仕事ではなく派遣業を行う企業の経営に携わってもらいたいと思っています。

会社の内側のものはすべて見せられますし、知りたいという気持ちに応えるため、お伝えできるものはすべてお伝えしようと思っているので、他人任せではなく自分の力を付けたい学生さんであればとても価値のある時間になると思います。

私も議員秘書として様々なことを学ばせてもらった経験があるため、インターンの学生さんにも良い所も悪い所も含めて経験してもらい、経営を続けていくためのヒント等を学んでもらえたらと思っています。

 

2016_05_19_0007-1-e1467883673991.jpg


2017-11-10 00:00:00

役員秘書には、1人で役員をサポートする「個人秘書」と複数人で役員をサポートする「グループ秘書」とが存在します。また、グループ秘書には、会社の部署などを担当するとの捉え方もあります。ここでは、それらの仕事の特徴も含めてまとめました。

 

 

 

 

 

 

■一般企業にオススメ!グループ秘書

 

「秘書」としての雇用形態にはいろいろありますが、「役員秘書」を意味することが多いようです。一般企業にはグループ秘書の配属がオススメです。特に、大企業の役員秘書になると膨大な仕事をこなす必要があるため、1人では対応が難しくなります。そのため、「秘書課」や「秘書室」などに配属された人員がチームを組んで、役員のサポートをする形が望まれます。秘書の仕事は、来客への接遇や取引先との付き合いなどをはじめ、役員のスケジュール管理を行うほか、日常の文書作成や株式総会の準備など、実に多岐にわたります。なお、秘書の採用方法として、専門職で採用する専従型のほか、入社後に秘書として配属する場合があります。さらに、派遣社員として採用する方法も注目されています。

 

 

 

■法律事務所や大学教授にオススメ!個人秘書

 

一方、法律事務所や大学教授には個人秘書がオススメです。個人秘書の採用には、仕事に関する高度な知識がある人が理想的です。もちろん、対外的な活動をサポートできるスキルが備わっていることはいうまでもありません。たとえば、法律事務所の個人秘書には、弁護士の職務を熟知した上で、対外的な事務処理も含め、広範囲に渡ったサポートができることが条件です。なお、大手法律事務所では法務事務を専門に行うパラリーガルが存在します。また、大学教授の秘書も個人秘書がオススメです。仕事内容には、研究資金公募書類の準備なども含め事務全般を対象にできます。さらに、教授の専門分野が関係するほか、教授が秘書に求める条件によっても異なってきます。

 

 

 

■用途に合わせて使い分けて!

 

秘書の仕事には、個人秘書とグループ秘書があり、それぞれの部署に応じて採用する形になります。そのため、一般企業はグループ秘書がオススメですが、外資系企業は個人秘書が多い点にも特徴がみられます。また、秘書を採用するときは、どのような用途を希望するのかを決めることが大切です。そうすることによって、採用すべき方向性が決まってきます。秘書になるためには特別な資格は必要としませんが、持っていたほうが仕事面で有利になる資格も存在します。そのひとつに「秘書検定」があり、秘書として採用するだけでなく、一般事務職をはじめ多くの仕事現場で有効活用が期待できます。また、医師をサポートする「医療秘書技能検定」も知られています。なお、秘書の求人情報は派遣社員関連のサイトにも多く掲載されていますので、採用時の参考にすることをオススメします。

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

  


2017-11-05 00:00:00

この度、弊社名「トランスアクト」が経済産業省特許庁より商標登録として正式に認証されましたのでお知らせ致します。

 

【商 標】 トランスアクト / TRANSACT

【登録日】 平成29年9月29日

【登録番号】第5983936号

【区 分】 第39類

 

 

商標登録証


2017-11-01 00:00:00

仕事にはその職種や立場によって重要視される資質やスキルなどに多少の違いもあるはずです。例えば会社の中でも重要な役割を担う役員をサポートする秘書という仕事なら、どんなスキルが一番大切と考えられるでしょうか?そこで自分が会社役員だったら付いてくれる秘書にどんな資質やスキルを一番求めるか?ということについてアンケートを取ってみました。皆さんの意見の中で秘書を採用するときに参考にできるポイントはあるのでしょうか?

 

【質問】

あなたが会社役員なら、秘書の派遣社員のスキル、5つのうち最も重視するのは?

【回答数】

細やかさ・配慮:56

コミュニケーション能力:51

判断力・洞察力:33

タフな精神力:10

秘書に相応しいヘアメイクスキル:7

 

自分では気づかないような細かいこともフォローしてくれると安心

 

アンケートでは細やかさや配慮に優れた秘書を望む意見が最も多い結果でした。

・会社役員として大局的な仕事・判断をする一方で、抜け落ちがちな配慮や細かい点についてのフォローをしてもらいたい。(40代/男性/会社員)

・やはり、気配りのできる秘書がいいです。忙しい役員としては、自分の気づかないところまで手が届く人材が欲しいです。(50代/男性/会社員)

・仕事の大まかな部分を自分がするので、細かい実務的な部分をしっかりやってほしいから。(40代/男性/会社員)

・細かいところに気がきく人は本当に助かります。忙しいとついついおろそかになってしまうことをフォローして欲しいです。(40代/男性/会社員)

会社役員という仕事柄大きな仕事に携わることがあるからかもしれませんが、日常の細かなことをフォローしてくれるスキルを持った人を望む意見が多くみられました。忙しく仕事をしている役員としては、普段気づかないような詳細にまでしっかり目が届く細やかさを持った秘書がいれば、安心して任せられると考えるのもうなずけます。

 

コミュニケーション能力無しでは仕事をスムーズにできない!?

 

2番目に多かったのはコミュニケーション能力という結果で、最も多かった細やかさ・配慮という選択肢に迫る数でした。

・役員と秘書の関係は夫婦のようなものと考えています。そのため、コニュニケーション能力がなければ話にならないからです。(20代/男性/会社員)

・仕事の速さや正確さも大切だと思うが、人と人との関わりは避けては通れないので一番重要視します。(30代/男性/会社員)

・何といってもコミュニケーション。人と円滑に話ができないのでは話にならない。(20代/男性/会社員)

・自分や対外の人々とのコミュニケーションが仕事に直結するので、まずはコミュニケーション能力が必要です。(20代/男性/会社員)

役員と秘書は夫婦のようなものという意見もあるように、一緒に仕事をするうえでしっかりしたコミュニケーションを取れないとスムーズな業務ができないと感じる人の多い様子がうかがえました。もちろん仕事を成功させるためには役員と秘書の間柄だけではなく、他の人とかかわる上でも大切なポイントだと考えることもあるでしょう。

 

不測の事態に対応できる洞察力や判断力も役員秘書には大事!

 

3番目だった判断力・洞察力が大切と考える人も比較的多くいるようでした

・一般職と違い秘書の業務はその時々に対応した判断力と洞察力が重要だと思います。急な予定変更などを素早く処理できるスキルが高いと評価されると思います。(40代/男性/会社員)

・会社や業務全体を見通していて、状況に応じた先手先手の行動ができる判断力や洞察力は戦力になります。(40代/男性/会社員)

・秘書として、役員に関するスケージュールに何らかのアクシデントが起きても、柔軟に対応できるスキルがあると頼もしい。(50代/男性/会社員)

・役員とは違う目線の為、秘書目線からの洞察力は必要。中には判断を迫られる場合もあるが、洞察力あっての上。(30代/男性/会社員)

役員とは異なった秘書としての目線が必要と考える人もいるようでしたが、多くは急な予定変更やアクシデントなど万一の事態にも適応できる力を求めている様子が見受けられます。確かにそうしたスキルを備えていれば人の上に立つ役員の秘書として、仕事を任せられる頼もしさがありますよね。

 

何かと大変なこともある役員…秘書にもタフであってほしい!

 

そして4番目だったのは少数になりますが、タフな精神力を持った人がほしいと考える人です。

・どんな状況でも逞しい精神力を求める。全くダメでは使い物にならない。(30代/男性/会社員)

・役員に付随する様々な場面で共に働いてもらうため、打たれ弱い秘書では片手不足だからです。(40代/男性/会社員)

・日々色々な出来事が起こるので、それに耐えられる精神力は必要です。(30代/男性/会社員)

役員という責任のある立場で仕事をしていると様々な場面で難しい状況に直面することもあるはずです。そのためそれに負けないタフな精神力がないとやっていけないと考えるのもうなずけます。どのような困難な場面に直面しても、役員の自分と一緒に乗り越えてくれる強さを持っていることは大切だということではないでしょうか。

 

役員秘書に必要とされるスキル…みんなの意見もちょっと参考に!

 

会社の中でも多くの部下を束ね、大きな仕事に携わることも多い役員という立場。そのため秘書はともに戦う仲間だと考えるならば、困難に負けないタフさを備えていてほしいものですよね。もちろん業務全体や流れを見通せる洞察力、不測の事態にも柔軟に行動できる判断力も大切なスキルでしょう。また人とのかかわりなくして仕事は成り立たないことを考えるとコミュニケーション能力も大事…。そして多くの人が役員秘書に細やかさや配慮のできる能力を求めているようでした。忙しさの中で気づかないような細かいことまでフォローしてくれる秘書がいれば力強い味方ですよね。秘書採用の際にはアンケートの意見も参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

【質問】

あなたが会社役員なら、秘書の派遣社員のスキル、5つのうち最も重視するのは?

【回答数】

細やかさ・配慮:56

コミュニケーション能力:51

判断力・洞察力:33

タフな精神力:10

秘書に相応しいヘアメイクスキル:7

 

【アンケート概要】

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】男性 【職業】会社員 

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

【細やかさ・配慮】

・秘書はあくまで社長の右腕。社長の気付きにくいところにいかに目や配慮が行き届くかが重要だと思います。(20代/男性/会社員)

・取引先が来社した時の対応の細かさ、配慮、機転は必ず必要と思う。(50代/男性/会社員)

・実務の中枢の話に長けているよりも、職務が潤滑に動くようちょっとした心遣いができる方が仕事の効率がよくなる。(40代/男性/会社員)

・秘書なら細かな部分に気づいたり、配慮したり、気配りが大切だと思います。(30代/男性/会社員)

・すべての項目が必要と言えば必要だが、一つ選ぶとしたら細やかさ・配慮。これがあれば、色々な場面を乗り切れると思う。(40代/男性/会社員)

・社外からのお客様が多いので、その方々に心地よく対応できる能力が必要です。(40代/男性/会社員)

・秘書として求められる能力として一番必要と思うスキルであるから。(30代/男性/会社員)

・自分が仕事をするうえで、気に留めることが出来ない範囲を秘書にカバーして欲しいから。(20代/男性/会社員)

・仕事以外の余計な不満、ストレスを最小限に抑えるためには必要です。(30代/男性/会社員)

・細かいところを全て管理する時間や労力を、売上の向上などに使いたいから。(40代/男性/会社員)

・役員秘書は、役員のスケジューリングやお得意様との打ち合わせ等に同席することもあることから、お客様への細やかな配慮気遣いができることによって会社の評価も上がるから。(40代/男性/会社員)

・仕事の大まかな部分を自分がするので、細かい実務的な部分をしっかりやってほしいから。(40代/男性/会社員)

・役員に気持ち良く仕事をさせることが重要だと考えます。気配りができるということはこちらの要求にこたえる能力があるということなので大事です(30代/男性/会社員)

・情報処理やスケジュール管理など、あれこれ細かいことを処理する力が求められるので。(30代/男性/会社員)

・会社の社長や役員、医師など重役なポジションに就く秘書のかたは多忙な仕事をしっかりと管理でき、常に身近で支えることができる細やかさや配慮が重要だと思います。(30代/男性/会社員)

【コミュニケーション能力】

・何といってもコミュニケーション。人と円滑に話ができないのでは話にならない。(20代/男性/会社員)

・コミュニケーション能力が無ければ、いろいろな事が覚えられない気がするから(40代/男性/会社員)

・普段からどのようなことを求められているのかわかるには、コミュニケーション能力が必要だと思う。(30代/男性/会社員)

・きちんとコミュニケーションを図ることができる秘書が求められているからです。(30代/男性/会社員)

・自分や対外の人々とのコミュニケーションが仕事に直結するので、まずはコミュニケーション能力が必要です。(20代/男性/会社員)

・コミュニケーション能力が高い人は必然的に相手に対する配慮や物事の判断力もある程度の物を持っている可能性が高いから(40代/男性/会社員)

・とにかく円滑なコミュニケーションが取れなければ、秘書の資格はありません。(40代/男性/会社員)

・来客の方とのやり取りが必要とされるので、ある程度のコミュニケーション能力が要求されます。(40代/男性/会社員)

・秘書には、忙しい役員の指示に従って仕事を行って貰うことを希望します。そのため担当役員とのコミニュケーションが大事なのはもちろんですが、アポイントを調整するなど、社内外の方とも間違いのない意思疎通できることが求められるからです。(40代/男性/会社員)

・秘書なので、コミュニケーションがうまくとれないと仕事にならないと思います。(30代/男性/会社員)

・なんだかんだと色々言ったとしても、はっきりいって語学力が大切(30代/男性/会社員)

・秘書である以上、役員とその他の人をつなぐ役割を持っているわけですから、コミュニケーションをとれないことには仕事になりません。(50代/男性/会社員)

・会社での伝達は大切になるので、コミュニケーション能力が必要です。(30代/男性/会社員)

・顧客の窓口になってもらうので、レベルの高いコミュニケーション力は欲しいです。(30代/男性/会社員)

・コミュニケーション能力でしょうね。そこが一番抜けてると大変です。(30代/男性/会社員)

【判断力・洞察力】

・判断力や洞察力を重視しますね。採用する際には判断力や洞察力はわからないことですが、こういったスキルを持っていると仕事へも好影響を与えるからでsu.](30代/男性/会社員)

・それまでのキャリアや職務経験によって培ったものがそのまま活かせるから。(50代/男性/会社員)

・仕事の善し悪しは人より多くの気付きがあるかどうかだから。それを踏まえた対応を取れるかも重要。(30代/男性/会社員)

・指摘される前に自分でよく考えて判断しなければならないと思うからです。(20代/男性/会社員)

・相手に配慮しながら仕事をサポートしていく事が秘書の仕事だと思います。(20代/男性/会社員)

・秘書として、役員に関するスケージュールに何らかのアクシデントが起きても、柔軟に対応できるスキルがあると頼もしい。(50代/男性/会社員)

・役員とは違う目線の為、秘書目線からの洞察力は必要。中には判断を迫られる場合もあるが、洞察力あっての上。(30代/男性/会社員)

・やはりとっさの判断がものをいうのではないでしょうか 自分での判断能力が必要ですね。(50代/男性/会社員)

・何事にも臨機応変に対応できることが一番大事です。判断力・洞察力がなければできないと思います。(40代/男性/会社員)

・秘書は専属している役員のことを常に考えて、スケジュール管理や伝達をできなければなりません。そのためにも状況をすばやく読み取れる判断力は不可欠なものだと思います。(30代/男性/会社員)

・時には秘書自身が重要な判断をしなくてはならない時が必ずあると思うから。(20代/男性/会社員)

・一般職と違い秘書の業務はその時々に対応した判断力と洞察力が重要だと思います。急な予定変更などを素早く処理できるスキルが高いと評価されると思います。(40代/女性/専業主婦)

・会社や業務全体を見通していて、状況に応じた先手先手の行動ができる判断力や洞察力は戦力になります。(40代/男性/会社員)

・決められたことを決められたようにやるだけならある意味誰でもできます。そうでない咄嗟の場面で「役員クラスの秘書」がどう動くかで役員の評価が変わる事があります。(30代/男性/会社員)

・自分が今何をすべきか、又は相手が何を求めているかをすぐ判断して行動する必要があると思うからです。(20代/男性/会社員)

【タフな精神力】

・日々色々な出来事が起こるので、それに耐えられる精神力は必要です。(30代/男性/会社員)

・どんな状況でも逞しい精神力を求める。全くダメでは使い物にならない。(30代/男性/会社員)

・役員に付随する様々な場面で共に働いてもらうため、打たれ弱い秘書では片手不足だからです。(40代/男性/会社員)

・秘書は常に周りを見える人間でなくてはならないため。なので判断力・洞察力は大事。(10代/男性/会社員)

【秘書に相応しいヘアメイクスキル】

・清潔感、清楚感のある女性が求められるので、ヘアメイクやメイクが上手なほうが良い。(40代/男性/会社員)

・ヘアメイク、イコール容姿を伴います。見かけがひじょうに大切なので、これを選んだ(40代/男性/会社員)

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...