最新情報

2017-10-10 00:00:00

役員秘書の仕事は、文字通り企業の役員をサポートすることです。経営者のサポートをすることになりますから、相当高いレベルのスキルが要求されます。そのため、優秀な役員秘書は、役員だけにとどまらず、士業の方の秘書としても利用することができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

■医師・研究者におすすめ!

 

役員秘書は、医師や研究者のサポートもできます。医師や研究者に共通する仕事としては、論文の執筆が挙げられます。論文を書く場合、様々な資料を読み込んだ上で自説を展開する必要がありますが、その資料集めは大変な作業です。これを秘書にやってもらうという利用方法が考えられます。もちろん、診察や手術、学会その他の会合そして講演依頼など次々と入ってくる予定を上手く調整することは、秘書の得意分野です。そういった対外的なやりとりを秘書がやってくれれば、本人は医療行為や研究作業を落ち着いて没頭できるようになるでしょう。また、普段あまりファッションなどに気を配る余裕がないという人は、会合に出席する服装のアドバイスを受けるといったことも期待できます。

 

 

 

■弁護士・政治家におすすめ!

 

弁護士や政治家も役員秘書を利用するメリットはあります。弁護士や政治家にとって一番大切なことは、顧客や有権者を含む多くの関係者との関係作りです。自分にとって必要な相手かという観点よりも、相手に対して自分に何ができるかという観点が大切な仕事ですから、仕事をする場合は、顧客や有権者の考えていることや求めていることを正しく理解する必要があります。そのため、次々に入る予定の調整も、それぞれの内容の重要性を把握して上で優先順位を決めていく必要があるでしょう。単なるスケジュール管理とは違ったレベルの調整能力が求められます。役員秘書であればそのレベルの対応能力が期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

■大学教授におすすめ!

 

大学教授も役員秘書を利用すると、より仕事がやりやすくなるでしょう。医師や研究者と同様に、論文執筆の資料集めをしてもらったり、学会への参加スケジュールの調整や移動手段の手配等をやってもらったりと、教授自身は、授業や研究に集中できるようになるでしょう。また、大学側や学生とのパイプ役になってもらうことも期待できます。一旦研究を始めてしまうと研究室に閉じこもり気味になる大学教授もいるでしょう。そんな時、役員秘書という存在がいてくれることで、学生が相談したいことがありそうだ、大学側からこんな要求がきそうだといった情報を把握して伝達してくれたら助かるはずです。役員秘書の能力は高いですので、士業の方の役に立つことも可能なのです。

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。