最新情報

2018-10-15 00:00:00

厚生労働省より、有料職業紹介事業の許認可が更新されました。お客様のお役に立てますよう引き続き努力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


2018-10-10 00:00:00

役員秘書の仕事は、文字通り企業の役員をサポートすることです。経営者のサポートをすることになりますから、相当高いレベルのスキルが要求されます。そのため、優秀な役員秘書は、役員だけにとどまらず、士業の方の秘書としても利用することができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

■医師・研究者におすすめ!

 

役員秘書は、医師や研究者のサポートもできます。医師や研究者に共通する仕事としては、論文の執筆が挙げられます。論文を書く場合、様々な資料を読み込んだ上で自説を展開する必要がありますが、その資料集めは大変な作業です。これを秘書にやってもらうという利用方法が考えられます。もちろん、診察や手術、学会その他の会合そして講演依頼など次々と入ってくる予定を上手く調整することは、秘書の得意分野です。そういった対外的なやりとりを秘書がやってくれれば、本人は医療行為や研究作業を落ち着いて没頭できるようになるでしょう。また、普段あまりファッションなどに気を配る余裕がないという人は、会合に出席する服装のアドバイスを受けるといったことも期待できます。

 

 

 

■弁護士・政治家におすすめ!

 

弁護士や政治家も役員秘書を利用するメリットはあります。弁護士や政治家にとって一番大切なことは、顧客や有権者を含む多くの関係者との関係作りです。自分にとって必要な相手かという観点よりも、相手に対して自分に何ができるかという観点が大切な仕事ですから、仕事をする場合は、顧客や有権者の考えていることや求めていることを正しく理解する必要があります。そのため、次々に入る予定の調整も、それぞれの内容の重要性を把握して上で優先順位を決めていく必要があるでしょう。単なるスケジュール管理とは違ったレベルの調整能力が求められます。役員秘書であればそのレベルの対応能力が期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

■大学教授におすすめ!

 

大学教授も役員秘書を利用すると、より仕事がやりやすくなるでしょう。医師や研究者と同様に、論文執筆の資料集めをしてもらったり、学会への参加スケジュールの調整や移動手段の手配等をやってもらったりと、教授自身は、授業や研究に集中できるようになるでしょう。また、大学側や学生とのパイプ役になってもらうことも期待できます。一旦研究を始めてしまうと研究室に閉じこもり気味になる大学教授もいるでしょう。そんな時、役員秘書という存在がいてくれることで、学生が相談したいことがありそうだ、大学側からこんな要求がきそうだといった情報を把握して伝達してくれたら助かるはずです。役員秘書の能力は高いですので、士業の方の役に立つことも可能なのです。

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

SFM.jpg


2018-10-05 00:00:00

代表の橘が書籍「2018年注目の社長32人~夢を追い続けることの意味~」に掲載されました。

 

 

人材を雇用し、リスクを負って、企業を経営する。

 

そんな経営者たちから、夢へのヒントやきっかけを掴むことができるかもしれない、経営者32人の「夢×仕事観×生き方」

 

株式会社星野リゾートの星野佳路社長、CoCo壱番屋創業者の宗次徳二様など、32名の経営者の方の1人として、弊社橘の記事も掲載されております。


2018-10-01 00:00:00

会社経営をするためには、企業全般について熟知しておくことが大切になります。会社の業績はもちろんのこと、どのような社員が働いているのか、どのような課題があるのかなど、きちんと把握できるスキルが必要ですよね。また、仕事をサポートしてくれる秘書の雇い方も気になるところです。そこで、初めて派遣秘書を雇うときの契約形態について、全国の男性会社員を対象にアンケートをとってみました。

 

【質問】

あなたは会社役員です!派遣秘書をはじめて雇うならどの契約形態を選びますか?

【回答数】

長期派遣:38

短期派遣:38

人材紹介:22

紹介予定派遣:15

業務請負:6

 

長期派遣と短期派遣を選んだ男性が同数に!

 

アンケートの結果、長期派遣と短期派遣を選んだ男性が同数という結果となりました。

・長期派遣の契約では、人の入れ替わりが少ないため利用しやすい契約方法です。(30代/男性/会社員)

・できれば長く働かないと情報が武器の秘書として使えないからです。(30代/男性/会社員)

・とりあえず、短期で様子を見て、仕事ができるようであれば、長期派遣の交渉をしたいと思います。(50代/男性/会社員)

・短期派遣から始めて、社員移行時に業務請負に切り替えることで人件費を抑えます。(30代/男性/会社員)

長期派遣:38人、短期派遣:38人、合せて76人の男性が派遣サービスを希望していることが分かりました。長期派遣を選んだ男性の中には、人の入れ替わりが少ない、長く働かないと情報が武器の秘書として使えないとの声があり、長期派遣への期待がうかがえます。一方、短期派遣の回答理由には、仕事ができるようであれば長期派遣の交渉をしたいという意見もあり、いきなり長期での契約には課題があると言えるようです。また、社員移行時に業務請負に切り替えて人件費を抑えるという人もいますが、会社経営には必要なことのかもしれませんね。

 

約2割の男性が人材紹介を希望している

 

アンケートの結果、2番目に多いのは人材紹介になりました。

・その人物の経歴等を事前に知ることができるのでどのような仕事なら問題なくまかせられるか予想し易いから。(40代/男性/会社員)

・こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができ、選ばれた人材が紹介されるため(30代/男性/会社員)

・様々なニーズに応えてくれるのが人材派遣です。即戦力でが必要な時でも力強いです(30代/男性/会社員)

22人の男性は、人材派遣会社を通じた契約を希望していることが分かりました。その人物の経歴等を事前に知ることができるとの声があり、会社とのミスマッチ防止が期待できると言えるようです。また、こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができるという意見もあり、こちらからも、人材派遣会社が持つシステムのメリットがうかがえます。さらに、様々なニーズに応えてくれる、即戦力が必要な時でも力強いとの回答もありますが、人材派遣会社に対する期待の大きさが反映されているのではないでしょうか。

 

2割近くの男性は、紹介予定派遣を希望している

 

アンケートの結果、3番目に多いのは紹介予定派遣になりました。

・まずは、派遣として仕事をしていただき、適性がある方なら正規採用したいと考えます。(30代/男性/会社員)

・良い人であれば今後採用に持ち込める。不適合ならば派遣会社で別な人材を紹介してもらうことが可能。(30代/男性/会社員)

・役員の仕事だけではなくプライベートにも関わる業種なので信頼できる人材であることが条件になるため。(30代/男性/会社員)

15人の男性は、紹介予定派遣を希望していることが分かりました。適性がある方なら正規採用したい、良い人であれば今後採用に持ち込めるという意見からは、正規採用をするためには段階を経ることの大切さがうかがえます。また、不適合ならば別の人材を紹介してもらえることが可能との声もあり、人材派遣会社のメリットかもしれませんね。さらに、プライベートにも関わる業種という答えもありますが、派遣される人材の人間性が重要になるのではないでしょうか。

 

業務請負を希望する男性も少数いる

 

アンケートの結果、ごく少数の男性が業務請負と答えました。

・しっかりと責任を持って働いてもらうにはもってこいの雇い方であるから。(30代/男性/会社員)

・責任の所在が明確になるし、仕事の住み分けもキッチリできるから。(30代/男性/会社員)

・請負単価を設定し、契約することで、業務内容により単価が変化することで効率的に支出を抑えることができる。(40代/男性/会社員)

しっかりと責任を持って働いてもらえるとの声からは、理想的な雇用方法ということが分かりました。また、責任の所在が明確になる、仕事の住み分けがキッチリできるとの意見もあり、業務請負のメリットが強調されているようです。さらに、請負単価設定するなどの意見からは、経費節減を意識していることも分かる結果になりました。

 

会社との相性や派遣秘書のスキルなどが反映!経費対策も!?

 

アンケートの結果、派遣を選んだ男性が8割近くいることが分かりました。また、長期派遣と短期派遣を選んだ人が同数ということも大きな特徴のようです。また、回答理由とは関係なく、会社との相性や、派遣秘書のスキルや仕事に対する姿勢なども反映されているようです。さらに、派遣秘書を雇う理由として、経費対策を意識する人がいることがうかがえました。

 

【質問】

あなたは会社役員です!派遣秘書をはじめて雇うならどの契約方法を選びますか?

【回答数】

長期派遣:38

短期派遣:38

人材紹介:22

紹介予定派遣:15

業務請負:6

 

【アンケート概要】

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】男性 【職業】会社員 

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

【長期派遣】

・いちいち細かいことを言わなくても、あうんの呼吸でわかるようになるためには、長期派遣がいいと思われる。(50代/男性/会社員)

・仕事を覚えて貰い長期に渡って信頼関係を築いていきたいと思うからです。(40代/男性/会社員)

・社員と同じように社に馴染むようにして欲しいので、長期にわたって仕事をしていただける方と契約したいと思います。(40代/女性/専業主婦)

・ころころと代わるのではなく一人の人に長い間働いてほしいと思うから(40代/男性/会社員)

・一日の業務や予定について熟知してもらいたいので、長期間続けてもらえる契約にしたいです。(30代/男性/会社員)

・或る程度長い目で入ってきてほしいですね。短い契約だと、最初から愛着わかない気がします。(30代/男性/会社員)

・長期派遣の契約では、人の入れ替わりが少ないため利用しやすい契約方法です。(30代/男性/会社員)

・派遣といえども、自分の会社で経験を積み、成長して欲しい。場合によっては正社員への登用も考える。(30代/男性/会社員)

・長期で働いてもらい、自分との仕事を通じ、人柄なども含め理解し仕事に取り組んでもらえるから。(20代/男性/会社員)

・長く働かないと派遣の人の実力を発揮する機会が少ないと思います。(20代/男性/会社員)

・能力のある人をじっくり選んで、長く勤めていただいて戦力化したいです。(40代/男性/会社員)

・長期派遣を選ぶことによって常に効率よい業務が遂行できるからである。(20代/男性/会社員)

・長期派遣ですと将来性が出てきます。本社採用の新人を雇用するより長期で働いている派遣の人材の方が即戦力になるから(30代/男性/会社員)

・長期にわたってキャリア形成をしてもらいたいからというのが一番の理由である。(20代/男性/会社員)

・基本的にはその方の希望を重きにおいた雇用契約を行いたいですね。社としては看板となる受付ですので長期が望ましいと思いますので。ただ他部署などの希望が有れば随時対応する形で。(40代/男性/会社員)

【短期派遣】

・役員人事が頻繁にあるので、短期派遣の使いまわしのほうが柔軟性が高い。(40代/男性/会社員)

・どの様な人が来るのか分からないのと、秘書が必要なくなる可能性があるので、都度見直しを行える、短期派遣がいいと思ったから。(30代/男性/会社員)

・実際、働いて見ないとわからない状態で、長期的な契約を結ぶのは怖い。ここは手堅く短期で行きたい。(40代/男性/会社員)

・自分のスケジュール管理と、適切なサポートが見込める人材かという点で、まずは短期派遣で様子見をしたいという本音があるからです。(20代/男性/会社員)

・とりあえずは短期派遣で様子を見てから長期への移行を考えると思います。(30代/男性/会社員)

・とりあえず、短期で様子を見て、仕事ができるようであれば、長期派遣の交渉をしたいと思います。(50代/男性/会社員)

・とりあえずどういう人間か実際に雇ってみないと分からないので、最初は短期で雇います。(20代/男性/会社員)

・どの程度のスキルのある人か判らないので、まずは短期派遣でお願いすると思います。(50代/男性/会社員)

・まずは短期派遣で契約をして、能力をしっかり見極めたいからです。(30代/男性/会社員)

・はじめて秘書を雇う場合、その方が当社とあっているかどうか、不安があります。派遣期間が予め短期であることがわかっていると、万が一、合わなかったときに他の方への変更が容易です。もし、派遣されてきた秘書の方が長期に働いていただきたいような方であった場合、再契約すればよいと思います。(40代/男性/会社員)

・始めて雇うという立場であれば、知識不足というのもあり、私は短期派遣を選びます(40代/男性/会社員)

・派遣秘書というものがどのようなものか試してみてから、先のことを検討したい。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書はまだ採用したことがなく、未知の部分もあるので、短期間で見極めたいです。(20代/男性/会社員)

・まずは派遣での秘書が期待通りに機能するかどうかを見定める必要がある。(50代/男性/会社員)

・まずは業務遂行能力があるかどうかの見定めが必要です。3か月程度の短期で十分と思います。能力ありと判断できれば、直接雇用や派遣契約延長の交渉をします。(50代/男性/会社員)

【人材紹介】

・こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができ、選ばれた人材が紹介されるため(30代/男性/会社員)

・はっきりいって当たり前のことになるかもしれないが、これしかない。(30代/男性/会社員)

・自分の仕事へ直接関わることなので、信頼できる紹介会社から紹介してもらいたいから。(20代/男性/会社員)

・初めて雇うのであれば、ある程度、信頼のおけるところから人材を紹介してもらうのが良いと思う(30代/男性/会社員)

・どの契約方法の形態かより、派遣される個々の人間性に左右されます。(40代/男性/会社員)

・いつも使っている人材派遣会社なら、その会社に必要な条件にあった人材を紹介してくれる(50代/男性/会社員)

・様々なニーズに応えてくれるのが人材派遣です。即戦力でが必要な時でも力強いです(30代/男性/会社員)

・あまりよくわからないので、イメージで選択しました。人材紹介がよりよい人材を派遣してくれるイメージがあります。(40代/男性/会社員)

・ポジションや予算、期限を決めた上で条件にあった人を紹介してもらう事ができるから(40代/男性/会社員)

・紹介だと情報が得やすく、比較的信用もあるため人材紹介を、選択する(40代/男性/会社員)

・派遣秘書をはじめて雇うなら人材紹介の契約方法を選ぶと思うのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)

・その人物の経歴等を事前に知ることができるのでどのような仕事なら問題なくまかせられるか予想し易いから。(40代/男性/会社員)

・やはり最初は人材の紹介で信頼できるスタッフを紹介してもらいたいですね。(50代/男性/会社員)

・慣れるまでにある程度時間が必要な事と、せっかく仕事を覚えたところで契約終了になられても困るから。(40代/男性/会社員)

・なるべく人材のレベルを知りたいので、どのような経歴をもつ人なのかを詳しく知りたいと思います。(40代/男性/会社員)

【紹介予定派遣】

・もしいい人材であれば、自社で採用して長く働いてほしいからです。(30代/男性/会社員)

・紹介予定派遣は、会社役員と派遣秘書のお互いのミスマッチを防げるから。(20代/男性/会社員)

・ある程度の時間をかけて本人の能力を見定めることができ、また本人も仕事や環境に慣れる事ができると思うから。(40代/男性/会社員)

・まずは、派遣として仕事をしていただき、適性がある方なら正規採用したいと考えます。(30代/男性/会社員)

・なんだかんだと色々言ったとしても、はっきりいってこれしかない。(30代/男性/会社員)

・良い人であれば今後採用に持ち込める。不適合ならば派遣会社で別な人材を紹介してもらうことが可能。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書となる方との相性等を考慮し、見極めの期間を設けた上で長期雇用の判断をしたいため。(40代/男性/会社員)

・社外秘の情報や、外部に漏らされたくない面談などもあるため、長期勤務をしていただきたいからです。(40代/男性/会社員)

・気に入ったら、お互いが一緒に仕事したいという関係になったらいいと思って、ずっと一緒という選択肢にした。(30代/男性/会社員)

・この選択肢の中では一番経験豊富な質の高そうな人材が紹介派遣予定の秘書だと思うから。(30代/男性/会社員)

・洗練された街の中で多くの一流の人達に囲まれながら働けてスキルアップできるから(30代/男性/会社員)

・普通の派遣だと人物を特定しないよう努めなければならないと法律で明記されていますが紹介予定派遣なら堂々と人選できるため。(30代/男性/会社員)

・ある程度人物を評価する時間が欲しいが、業務内容に深く接するので、軽々に交代してもらいたくないから(40代/男性/会社員)

・将来正社員として働くことを視野に入れ、この会社に合っているかどうか、自分と相性がいいかどうかなどを判断しながら仕事を任せたいから。コロコロ人は変えたくないので。(20代/男性/会社員)

・役員の仕事だけではなくプライベートにも関わる業種なので信頼できる人材であることが条件になるため。(30代/男性/会社員)

【業務請負】

・責任の所在が明確になるし、仕事の住み分けもキッチリできるから。(30代/男性/会社員)

・しっかりと責任を持って働いてもらうにはもってこいの雇い方であるから。(30代/男性/会社員)

・請負単価を設定し、契約することで、業務内容により単価が変化することで効率的に支出を抑えることができる。(40代/男性/会社員)

・ある程度のスキルがすでに身についており、できるだけ長期に渡ってサポートをしてくれる方の方が会社といてはメリットがあると考える為(40代/男性/会社員)

・直接雇用ではないので、労働契約上のリスクが生じないためリスクマネジメントの観点から請負契約とするのがよいと思われる。(50代/男性/会社員)

 

あなたは会社役員です!派遣秘書をはじめて雇うならどの契約方法を選びますか?

 

【長期派遣】

・一日の業務や予定について熟知してもらいたいので、長期間続けてもらえる契約にしたいです。(30代/男性/会社員)

・長く働かないと派遣の人の実力を発揮する機会が少ないと思います。(20代/男性/会社員)

・たとえ派遣でも秘書という責任ある仕事を任せるのでなるべく長く、信頼できる方に任せたい。(30代/男性/会社員)

・或る程度長い目で入ってきてほしいですね。短い契約だと、最初から愛着わかない気がします。(30代/男性/会社員)

・長期派遣を選ぶことによって常に効率よい業務が遂行できるからである。(20代/男性/会社員)

・正社員を雇用すより人材コストが安く済み、必要な期間に必要な人数や人材を確保できるからです。(30代/男性/会社員)

・長期で働いてもらい、自分との仕事を通じ、人柄なども含め理解し仕事に取り組んでもらえるから。(20代/男性/会社員)

・長期派遣の契約では、人の入れ替わりが少ないため利用しやすい契約方法です。(30代/男性/会社員)

・懸命に働いてもらいたいので、長く勤務できる人がいいにこしたことはない。(40代/男性/会社員)

・秘書を短期間で変えてしますと、仕事の効率が低下すと考えるからです。(20代/男性/会社員)

・能力のある人をじっくり選んで、長く勤めていただいて戦力化したいです。(40代/男性/会社員)

・長期間その会社に勤めることによって本人もある程度その仕事を覚えていくことで会社、派遣社員の関係性がうまくいくと思います。(40代/男性/会社員)

・長期的目線を持つことで共に成長していくために頑張ることができるから。(20代/男性/会社員)

・会社の事を知って貰うためには、時間が必要ですし、足りない部分は教育が出来るからです。(30代/男性/会社員)

・短期で変わると業務に支障をきたすと思うので、長期派遣で契約したいですね。(30代/男性/会社員)

・できれば長く働かないと情報が武器の秘書として使えないからです。(30代/男性/会社員)

・派遣といえども、自分の会社で経験を積み、成長して欲しい。場合によっては正社員への登用も考える。(30代/男性/会社員)

・社員と同じように社に馴染むようにして欲しいので、長期にわたって仕事をしていただける方と契約したいと思います。(40代/女性/専業主婦)

・秘書をやる上で一番重要なことは、会社のことを十分に理解することだと考えているからです。そのためじっくりと仕事を覚える必要があるので、長期派遣の方法を選びます。(30代/男性/会社員)

・基本的にはその方の希望を重きにおいた雇用契約を行いたいですね。社としては看板となる受付ですので長期が望ましいと思いますので。ただ他部署などの希望が有れば随時対応する形で。(40代/男性/会社員)

・短期のように短い期間ではなく、長期に信頼と信用を築いていきながら一緒に仕事がしたいから。(30代/男性/会社員)

・いちいち細かいことを言わなくても、あうんの呼吸でわかるようになるためには、長期派遣がいいと思われる。(50代/男性/会社員)

・あまり短期で雇うよりも、長期のほうが、双方にとってよいのではと思う。(50代/男性/会社員)

・どうせ雇うのであれば、あまりころころと人を変えたくないから。(20代/男性/会社員)

・長くいてもらうことで、たくさんの仕事内容を覚えてもらえるので、最初からいろいろなことを時間をかけて教えやすい(30代/男性/会社員)

・長期派遣ですと将来性が出てきます。本社採用の新人を雇用するより長期で働いている派遣の人材の方が即戦力になるから(30代/男性/会社員)

・長期にわたってキャリア形成をしてもらいたいからというのが一番の理由である。(20代/男性/会社員)

・信頼関係が重要だと思うので、一度採用したらできるだけ長く働いてほしいです。(40代/男性/会社員)

・仕事を覚えて貰い長期に渡って信頼関係を築いていきたいと思うからです。(40代/男性/会社員)

・ころころと代わるのではなく一人の人に長い間働いてほしいと思うから(40代/男性/会社員)

【短期派遣】

・まずスキルや人となりを見たいです。その上で長期雇用するかどうか判断します。(40代/男性/会社員)

・とりあえずどういう人間か実際に雇ってみないと分からないので、最初は短期で雇います。(20代/男性/会社員)

・スポットで必要な時だけ秘書がいてくれれば事足りる事が殆どのため。(40代/男性/会社員)

・秘書などの実力を試すにも短期派遣を実施して、良ければ契約延長する。(30代/男性/会社員)

・まずは業務遂行能力があるかどうかの見定めが必要です。3か月程度の短期で十分と思います。能力ありと判断できれば、直接雇用や派遣契約延長の交渉をします。(50代/男性/会社員)

・まずは短期派遣で契約をして、能力をしっかり見極めたいからです。(30代/男性/会社員)

・短期派遣から始めて、社員移行時に業務請負に切り替えることで人件費を抑えます。(30代/男性/会社員)

・採用した方の人間性や相性を面接の段階で完全に見抜くことは難しいでしょう。短期雇用で様子を見て、長く働いてほしいと感じたら長期雇用に切り替えていただけば良いと思います。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書というものがどのようなものか試してみてから、先のことを検討したい。(30代/男性/会社員)

・初めて雇うにあたってどの程度の仕事を任せるのか、どのレベルまで任せていけるのかを試す意味でも一度短期で試験的に雇用してみたいと思うので短期派遣を選びました。(20代/男性/会社員)

・はじめて秘書を雇う場合、その方が当社とあっているかどうか、不安があります。派遣期間が予め短期であることがわかっていると、万が一、合わなかったときに他の方への変更が容易です。もし、派遣されてきた秘書の方が長期に働いていただきたいような方であった場合、再契約すればよいと思います。(40代/男性/会社員)

・人、それぞれの相性があるので、まずは、短期派遣から行う。リスクを減らすため。(30代/男性/会社員)

・まずその方がどのような性格なのか、仕事の仕方やスタンス、考え方を短期間でみて職場に合いそうなら他の契約に切り替える(40代/男性/会社員)

・どの程度のスキルのある人か判らないので、まずは短期派遣でお願いすると思います。(50代/男性/会社員)

・派遣の秘書を雇用するとしたら最初は短期契約で様子を見てからです。(20代/男性/会社員)

・派遣される人が有能かどうかがわからないため短期契約で雇いたいと思います。有能であれば長期契約で雇えるようにしたらいいと思うのでお試しとして短期契約で雇いたいと思います。(20代/男性/会社員)

・とりあえず、短期で様子を見て、仕事ができるようであれば、長期派遣の交渉をしたいと思います。(50代/男性/会社員)

・派遣される人材がどの程度の力量があったり、コミュニケーション能力があるのか分からないので短期で契約し、様子を見て長期に切り替えるかを検討したいから。(30代/男性/会社員)

・実際、働いて見ないとわからない状態で、長期的な契約を結ぶのは怖い。ここは手堅く短期で行きたい。(40代/男性/会社員)

・まずは派遣での秘書が期待通りに機能するかどうかを見定める必要がある。(50代/男性/会社員)

・派遣秘書をはじめて雇うならよくわからないので、短期で様子を見たいですね。(30代/男性/会社員)

・まず短期派遣で契約して、仕事ができる人か判断して、できる人なら契約更新するというやり方がいいと思います。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書はまだ採用したことがなく、未知の部分もあるので、短期間で見極めたいです。(20代/男性/会社員)

・どの様な人が来るのか分からないのと、秘書が必要なくなる可能性があるので、都度見直しを行える、短期派遣がいいと思ったから。(30代/男性/会社員)

・自分のスケジュール管理と、適切なサポートが見込める人材かという点で、まずは短期派遣で様子見をしたいという本音があるからです。(20代/男性/会社員)

・まずはお試しで短期から初めて、気に入ったらさらに長期の契約にしてもらえばいいと思います。(50代/男性/会社員)

・長期的に続けられるのか、あるいは別の派遣社員または派遣業者が良いのかを判断するため。(40代/男性/会社員)

・とりあえずは短期派遣で様子を見てから長期への移行を考えると思います。(30代/男性/会社員)

・始めて雇うという立場であれば、知識不足というのもあり、私は短期派遣を選びます(40代/男性/会社員)

・秘書の適・不敵を判断する必要があるため、最初は短期派遣として契約したいから。(40代/男性/会社員)

・まずは短期で様子を見たいですね、良ければ長期でという感じで。(30代/男性/会社員)

・役員人事が頻繁にあるので、短期派遣の使いまわしのほうが柔軟性が高い。(40代/男性/会社員)

・まず短期派遣で、どのようなことまでしてくれるか見極めてからその後の契約を考えたいです。(30代/男性/会社員)

【人材紹介】

・初めて雇うのであれば、ある程度、信頼のおけるところから人材を紹介してもらうのが良いと思う(30代/男性/会社員)

・ある程度の信頼関係を築く為にも短期はあり得ないです。信頼出来る人からの紹介であればある程度の期待が出来ます。(30代/男性/会社員)

・こちらの要望を紹介会社に先に伝えることができ、選ばれた人材が紹介されるため(30代/男性/会社員)

・様々なニーズに応えてくれるのが人材派遣です。即戦力でが必要な時でも力強いです(30代/男性/会社員)

・いつも使っている人材派遣会社なら、その会社に必要な条件にあった人材を紹介してくれる(50代/男性/会社員)

・ある程度実績のある人に任せていきたいので人材紹介で即戦力を採用したいです。(30代/男性/会社員)

・派遣秘書をはじめて雇うなら人材紹介の契約方法を選ぶと思うのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)

・紹介だと情報が得やすく、比較的信用もあるため人材紹介を、選択する(40代/男性/会社員)

・自分の仕事へ直接関わることなので、信頼できる紹介会社から紹介してもらいたいから。(20代/男性/会社員)

・はっきりいって当たり前のことになるかもしれないが、これしかない。(30代/男性/会社員)

・なるべく人材のレベルを知りたいので、どのような経歴をもつ人なのかを詳しく知りたいと思います。(40代/男性/会社員)

・どの契約方法の形態かより、派遣される個々の人間性に左右されます。(40代/男性/会社員)

・ポジションや予算、期限を決めた上で条件にあった人を紹介してもらう事ができるから(40代/男性/会社員)

・慣れるまでにある程度時間が必要な事と、せっかく仕事を覚えたところで契約終了になられても困るから。(40代/男性/会社員)

・やはり最初は人材の紹介で信頼できるスタッフを紹介してもらいたいですね。(50代/男性/会社員)

・あまりよくわからないので、イメージで選択しました。人材紹介がよりよい人材を派遣してくれるイメージがあります。(40代/男性/会社員)

・その人物の経歴等を事前に知ることができるのでどのような仕事なら問題なくまかせられるか予想し易いから。(40代/男性/会社員)

【紹介予定派遣】

・派遣秘書となる方との相性等を考慮し、見極めの期間を設けた上で長期雇用の判断をしたいため。(40代/男性/会社員)

・普通の派遣だと人物を特定しないよう努めなければならないと法律で明記されていますが紹介予定派遣なら堂々と人選できるため。(30代/男性/会社員)

・良い人であれば今後採用に持ち込める。不適合ならば派遣会社で別な人材を紹介してもらうことが可能。(30代/男性/会社員)

・なんだかんだと色々言ったとしても、はっきりいってこれしかない。(30代/男性/会社員)

・将来正社員として働くことを視野に入れ、この会社に合っているかどうか、自分と相性がいいかどうかなどを判断しながら仕事を任せたいから。コロコロ人は変えたくないので。(20代/男性/会社員)

・紹介予定派遣は、会社役員と派遣秘書のお互いのミスマッチを防げるから。(20代/男性/会社員)

・ある程度人物を評価する時間が欲しいが、業務内容に深く接するので、軽々に交代してもらいたくないから(40代/男性/会社員)

・気に入ったら、お互いが一緒に仕事したいという関係になったらいいと思って、ずっと一緒という選択肢にした。(30代/男性/会社員)

・まずは、派遣として仕事をしていただき、適性がある方なら正規採用したいと考えます。(30代/男性/会社員)

・洗練された街の中で多くの一流の人達に囲まれながら働けてスキルアップできるから(30代/男性/会社員)

・社外秘の情報や、外部に漏らされたくない面談などもあるため、長期勤務をしていただきたいからです。(40代/男性/会社員)

・役員の仕事だけではなくプライベートにも関わる業種なので信頼できる人材であることが条件になるため。(30代/男性/会社員)

・この選択肢の中では一番経験豊富な質の高そうな人材が紹介派遣予定の秘書だと思うから。(30代/男性/会社員)

・もしいい人材であれば、自社で採用して長く働いてほしいからです。(30代/男性/会社員)

・ある程度の時間をかけて本人の能力を見定めることができ、また本人も仕事や環境に慣れる事ができると思うから。(40代/男性/会社員)

【業務請負】

・責任の所在が明確になるし、仕事の住み分けもキッチリできるから。(30代/男性/会社員)

・請負単価を設定し、契約することで、業務内容により単価が変化することで効率的に支出を抑えることができる。(40代/男性/会社員)

・ある程度のスキルがすでに身についており、できるだけ長期に渡ってサポートをしてくれる方の方が会社といてはメリットがあると考える為(40代/男性/会社員)

・しっかりと責任を持って働いてもらうにはもってこいの雇い方であるから。(30代/男性/会社員)

・直接雇用ではないので、労働契約上のリスクが生じないためリスクマネジメントの観点から請負契約とするのがよいと思われる。(50代/男性/会社員)

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

SFM.jpg


2018-09-20 00:00:00

会長や社長を始めとした会社の重役をサポートする秘書。憧れたり、目指したりする女性は少なくないですが、誰かの専属サポートを行う職業というのはあまり一般的とは言えない業務体系でもあります。それ故に、男性としては、もし自分の恋人が秘書で男性の重役につきっきりだった場合、不快に思ってしまうかもしれません。全く気にしない方もいるとは考えられますが、比率としてはどんな風に意見が分かれるのでしょうか。そこで、男性心理を探るため、自分の彼女の仕事が秘書だったら気にするかどうかについて統計を取ってみました。

 

【質問】

男性に聞いた!自分の恋人が誰かの秘書だったらイヤ?

【回答数】

いや:41

いやではない:59

 

仕事だから大丈夫!約6割は気にしていない!

 

調査した所、全体の約6割の男性は特に嫌だとは感じてはいないことがわかりました。

・秘書といっても、一般の会社で、一般の仕事をしているに過ぎないです。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・秘書は恋人ではないですからね。はっきり言って仕事のパートナーでしょう。(50代/男性/会社員)

・秘書業としてプライベートと仕事、しっかり分けて働いてくれる方ならなにも問題ない。(20代/男性/会社員)

・職業なので別に何も感じません。逆に自分への気遣いもしてもらえそう(40代/男性/自由業・フリーランス)

 

気にしないと答えた大半の方は、秘書であっても仕事には変わりないという考えを持っているようです。秘書だからといって何か特別視したり、嫌な想いをしたりするわけではないと伺えます。ただ、仕事としてきちんと割り切れるという条件の下で承諾と受け取れる意見も複数見受けられました。必要以上に親しくしたり、浮気したりといった場合には不快に感じるのかもしれません。しかし、一部には、メリットになると感じている方もいるようです。秘書の仕事をこなすことで、プライベートでもそのスキルが活かされるのは男性にとっては嬉しいものなのかもしれません。

 

約4割は不愉快!?嫉妬や不安が拭えないから?

 

一方で、嫌だと感じている方は約4割という決して少なくない結果になりました。

・独占欲が強い性格なので特定の誰かの秘書として、恋人が働いていることには抵抗があると思います。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・尽くしてくれる相手が自分でないため、少し妬けてしまう。また、別の男と一緒にいるのが嫌だ。(20代/男性/学生)

・仕事だから仕方ないですが、秘書となるといつも一緒にいるわけで、何かあるのではないかと不安になってしまいます。(20代/男性/パートアルバイト)

・仕事だけど、恋人が変な気を起こして浮気し始めてしまいそうだから。(20代/男性/パートアルバイト)

・いつ寝取られるかわからないですし、そういうトラブルには合いたくないかな。(30代/男性/会社員)

 

いくら仕事であっても他の男性と二人きりで過ごすというのは許容できない方が多いようです。妬けるから、独占欲が強いからという意見もありますし、嫉妬心を抑えるのは難しいものなのかもしれません。また、秘書の仕事に対して不安を覚えている方も多く、浮気や略奪愛といったリスクを懸念していると伺えました。自分だけを見ていて欲しいという男性にとっては、恋人が秘書をするというのは耐え難いことだと言えそうです。

 

恋人に確かめるのが無難?仕事の熱意を伝えるのが重要かも!

 

結果として、自分の恋人が秘書として働いても特に気にしないという意見は多かったですが、嫌だと感じる方も決して少なくないことが今回の調査で明らかになりました。嫉妬深さによって左右されるようですから、秘書の仕事をしたいと考えているのなら、まずはどう思うのか、恋人に気持ちを確かめてみるのが無難だと言えそうですね。恋人がどう思ったとしても秘書になる意思は曲げたくないのなら、仕事に対する熱意をきちんと伝えて、パートナーの不安を拭ってあげることが重要なのかもしれません。

 

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】男性 

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

男性に聞いた!自分の恋人が誰かの秘書だったらイヤ?

 

【いや】

・秘書も仕事なので仕方ありませんが、出来る事ならやって欲しくない仕事です。(30代/男性/契約派遣社員)

・仕事でもほかの男と仕事中は一緒にいて世話をするわけだから嫌です。(40代/男性/会社員)

・仕事だけど、恋人が変な気を起こして浮気し始めてしまいそうだから。(20代/男性/パートアルバイト)

・自分の恋人がどんな仕事しても問題ないよ?職業はあまり関係はないと思います(30代/男性/契約派遣社員)

・恋人のことは信用しているけど他の人があんまり信用できないから(10代/男性/学生)

・相手が異性であるならいやに決まっています。秘書といえば常に一緒にいるイメージです。ともにいて様々な苦労を乗り越えるうちに信頼関係が結ばれることでしょう。それが恋愛感情に発展する可能性は高いと考えられます。よって感情だけで考えるのならいやに決まっています。(30代/男性/契約派遣社員)

・常に1人の男性のそばに付きそうというのは何だかもやもやしてしまう。(10代/男性/学生)

・秘書という仕事は不倫になりやすいイメージがあるので、万が一を考えてあまりなってほしくありません。(30代/男性/会社員)

・とてもストレスの溜まりやすい職業だと思うので、誰かの秘書だったらイヤですね。(30代/男性/会社員)

・自分の恋人が誰かの秘書だったらイヤなのではないかと思います。(50代/男性/会社員)

・何だかんだ命令されそうな感じがするから。(実際は?ですが。)それに世間的なイメージとして(特に男性は)なんかエロいイメージがありませんか?異常の理由でイヤですね。(40代/男性/会社員)

・社長と秘書が恋に落ちるなんてドラマがよくあって自分の恋人だったらって思うと…。(10代/男性/学生)

・いつ寝取られるかわからないですし、そういうトラブルには合いたくないかな。(30代/男性/会社員)

・恋人が雇い主から命令される事はやはり良い気分ではなく不快に感じる。(40代/男性/会社員)

・社長と常に動いているイメージがあり、実際仕事なのかプライベートなのかわからないので嫌です。(30代/男性/会社員)

・なんですけど、時代が変わってもっとバイタリティにオープンな時代が来ると、すべての男女で仲良くできると思いますので、その時はOKです。あらゆる女性と仲良くしたい。(例えば日替わりの秘書で。) 現在はトラブルにあいそうだから。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・自分の恋人が誰かの秘書だったらイヤですね。寝取られているかもしれないので。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・いくら仕事とはいえやはり自分の恋人には秘書になって欲しく無いです。男と女なので間違いが絶対起きないとは限らないですし、やはりイメージ的に何か起こってしまいそうな気がするからです。(40代/男性/会社員)

・誰かの側近で働くのは、その誰かの為に働くことで、そのようなことが嫌だと思います。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・独占欲が強い性格なので特定の誰かの秘書として、恋人が働いていることには抵抗があると思います。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・仕事だから仕方ないですが、秘書となるといつも一緒にいるわけで、何かあるのではないかと不安になってしまいます。(20代/男性/パートアルバイト)

・仕事とはいえ、誰かの秘書だと思うと少し心配ですし嫉妬心も湧いてきます。(50代/男性/会社員)

・お偉い方に無理やり関係をせまられそうで、落ち着いていられない。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・自分の恋人が誰かの秘書だったらイヤですね。寝取られているかもしれないので。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・何も怪しい関係は無いにしろ、特定の男性の為に仕事をしているのだから良い気分はしない。(40代/男性/会社員)

・自分の恋人が、誰かの秘書だったらその人と過ごしている時間が自分より長いと、嫌になってしまうから。(30代/男性/会社員)

・自分の以外の人のことを親身に考えなければいけない職業なので。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・彼女が秘書だとイメージが悪いのと理性的に無理だからいやです。(10代/男性/学生)

・もし、そのような状況に遭遇したら、お互い気まずい雰囲気になりかねないものだと私は思います。(30代/男性/会社員)

・可愛ければ可愛いほど、ぜったいに手を出される。何故そう思うかというと、自分にそういった経験があるから。(40代/男性/無職)

・なんとなくだけど、多忙であまり会えない感じや、何かされているのかもとか考えてしまう。(20代/男性/パートアルバイト)

・自分だけの彼女であって欲しいから。だれか人の秘書では嫌ですね。(50代/男性/公務員)

・秘書となると、ある個人によりそって管理していくということになるので、親密度が高まるので心配をしてしまうため。(30代/男性/契約派遣社員)

・自分としては職場内恋愛というのに、多少消極的な考えでいるので、あまりよくは思いません。別々の会社なら、少しは理解できると思います。(50代/男性/無職)

・どちらかといえば嫌かなあなところですが、態度には出さないようにしたいところです。(30代/男性/その他専門職)

・自分と比べられ、変な感情を持たれそう。男女のペアに下心は必ずついてくる!(30代/男性/会社役員)

・その人と恋に落ちるかもしれないので。ずっと恋人を疑ってしまうので。(40代/男性/その他専門職)

・いやですね、何かお古の女性を与えられた感じがしてしまいます。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・私が社長なら、彼氏持ちの女だろうと人妻だろうと関係なく、自分の私利私欲をぶつけると思うから。私のおかげで仕事ができているのだから。誰のおかげで君は生活できていると思ってるのと言い、叱ると思うから。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・尽くしてくれる相手が自分でないため、少し妬けてしまう。また、別の男と一緒にいるのが嫌だ。(20代/男性/学生)

・自分の目の届かないところで、他の男(どんな人物にもよりますが)と2人きりで行動するような機会があるのは嫌です。(40代/男性/会社員)

【いやではない】

・秘書と言うのはあくまでも仕事で在り、プライベートとは別なので嫌ではありません。(50代/男性/会社員)

・特段なにも思わないけれど、そんなドラマみたいなことはないと思うので(30代/男性/会社員)

・秘書は立派な仕事なので、特段嫌なことはない。ただし、セクハラ等の行為が日常的に行われるなどの問題がある組織であれば、即辞めさせるでしょう。(50代/男性/会社員)

・自分の恋人の業務内容にまでいいとか嫌とか感情をむき出すのはおかしいと思う。(40代/男性/無職)

・自分の恋人が誰かの秘書だとプライベートのときも管理されそうだが親密にもなる。(30代/男性/会社員)

・家族ぐるみでつきあいのある友人の細君が、企業で秘書課に勤務していたこともあり、個人の秘書であることには格別に抵抗はない。(40代/男性/会社員)

・その彼女の性格による所が大きいが、仕事をしっかりやり遂げる女性を彼女にするので別に嫌ではない。(50代/男性/会社員)

・わたしは自分の恋人が誰かの秘書であっても全然嫌では有りません。(20代/男性/会社員)

・自分の恋人が誰かの秘書でもいいですよ、浮気してたら嫌ですけど(30代/男性/会社員)

・たくさんお金を稼いでくれるのであれば、だまって目をつぶりましょう。(40代/男性/会社員)

・好きになった人がたまたま秘書だっただけで、逆に応援してあげたい。(30代/男性/会社員)

・秘書の仕事は会社の業務のひとつであり、業務ごとに接点をもつ相手が異なるのは当たり前だから。(60代/男性/公務員)

・職業によってパートナーへの好意が揺るぐようなことはないから。(20代/男性/学生)

・秘書は恋人ではないですからね。はっきり言って仕事のパートナーでしょう。(50代/男性/会社員)

・自分の恋人が誰かの秘書だったら、なんかステータスありますね。俺の彼女秘書やってんだけどね(30代/男性/会社員)

・秘書という仕事の内容を説明すれば、そういった考えにはならないと思います。(50代/男性/無職)

・浮気の証拠を見つけて損害賠償請求をしたらかなり稼げると思います。(40代/男性/無職)

・セクシャルハラスメントを受けていなければ、給与も良いので許せるから(40代/男性/会社員)

・秘書も数ある仕事の一つに過ぎず、別に何とも思わないからです。(40代/男性/その他専門職)

・考えたことが無いので特に嫌と言うことはありません・・・・・・・・・。(30代/男性/会社員)

・特に嫌ではない。もしも、何かあったらその女を捨ててしまうまで。(40代/男性/自営業(個人事業主))

・秘書と言っても別にふつうのOLなどとそれほど違うわけではないと思うので、嫌だとは特に思わない。(40代/男性/パートアルバイト)

・あくまで仕事なので、他の男性と一緒にいることは特に気になりません。(30代/男性/契約派遣社員)

・全然いやではありません。仕事としてやっているのならば何を嫌がる必要があるのでしょうか。(50代/男性/自営業(個人事業主)

・秘書の仕事のなかに性的関係等があればべつであるが、基本的にはそんな仕事であるはずがない。なので、べつに仕事としてやる分には問題ない(40代/男性/自由業・フリーランス)

・秘書といっても、一般の会社で、一般の仕事をしているに過ぎないです。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・いちいち関係を疑っていてはきりがない。関係があるかどうかは、言動から推測可能なはず。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・恋人が秘書である事は、嫌ではないです。確かに、秘書という職業は、社長さんやお偉いさんと親密な職業です。しかし、そこは恋人ですから、「何もない」と恋人を信じるべきです。それから、恋人は、秘書の仕事を望んで勤めているはずですから、単純に応援したいと私は思います。(30代/男性/会社員)

・全然嫌じゃないですやはり少しは他人だと気を使ってしまいそうなので、恋人が秘書だと気にせずに言えそうなのではかどるかとおもいます(20代/男性/学生)

・どんな会社のそんな人物の秘書かによりますが、まぁ、一般的な会社だと気にならないですが、世間知らずのぼっちゃんな2代目社長だとちょっと考えますね。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・仕事は仕事なので秘書をしっかりやって欲しい。イヤっていうことは全く無い。(10代/男性/学生)

・女性秘書と言えば美人でありましょうからそんな人が恋人であると言うだけで十分です。(60代/男性/無職)

・セクシーな感じがして、すごく美しく見えて来るから不思議ですよね、と思います(40代/男性/会社員)

・仕事なんだから関係ないでしょ。そんなみみっちい男はなさけないでしょ(40代/男性/会社員)

・俺の彼女は○○会社の秘書なんだぜと、自慢できるぐらいでしょう(30代/男性/会社員)

・秘書を認めている時点で、そこに嫉妬は起きない。ただ恋人と言う関係だとどうなんだろう。(40代/男性/パートアルバイト)

・全く心配しないわけではないが、仕事として当然のことだと思うから。(40代/男性/会社員)

・秘書というのは単なる仕事なので、余程相手が嫌らしい感じの人物でない限り、嫉妬などはしないと思うので(40代/男性/会社員)

・秘書業としてプライベートと仕事、しっかり分けて働いてくれる方ならなにも問題ない。(20代/男性/会社員)

・仕事としてやっていれば別に違和感はないけど、イチャつきすぎたらいやかも。(20代/男性/会社員)

・性格もよく有能だから秘書が務まっているのだから、嫌ではありません。(60代/男性/無職)

・秘書という仕事はとても素晴らしく、かっこいいなぁと思いますので、嫌ではありません。(40代/男性/無職)

・基本的に職場なので問題は有りません。但し、その為に仕事に影響を及ぼすことがないようにしてもらいたい。(50代/男性/自営業(個人事業主))

・男性に聞いた!自分の恋人が誰かの秘書だったらイヤ?という質問ですが 人それぞれだと思います (20代/男性/パートアルバイト)

・秘書という仕事が、必ずしも 暗いものを含んでいるわけではないと思うのでこの選択肢にしました。(20代/男性/自営業(個人事業主)

・仕事なので本人がよければ自分は関係ないと思いますし気にもならない。(40代/男性/自営業)

・本人が秘書をやりたいのであれば、本人の意思を優先させるしかないでしょう。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・彼女が秘書にやりがいを求めているのであれば、応援するし、反対する気などは全くない。(20代/男性/学生)

・仕事上の関係なので問題ないと思うから。お互いの仕事を精一杯やりたい。(10代/男性/学生)

・別に気にならないです。むしろ秘書は気配り能力が上がりそうなので、よいかもしれません。(40代/男性/会社員)

・職業なので別に何も感じません。逆に自分への気遣いもしてもらえそう(40代/男性/自由業・フリーランス)

・秘書を水商売の女的に使うマスコミのイメージがないなら、問題ない。仕事と割り切って当然。(40代/男性/公務員)

・いやではないけれど、あくまで仕事として割り切っていることが前提だと思います。(30代/男性/会社員)

・それが仕事なのであれば、まったく問題無いと感じます仕事とプライベートは別です(40代/男性/会社員)

・別に遊んでるわけではなくて仕事なのだし、嫌なら恋人にならなければいいだけの話。(40代/男性/会社員)

・それが仕事なら、職務を全うすべきなので特にいやではないですね。(30代/男性/会社員)

・何となく箔がつくし、秘書をやっていると、礼儀や振る舞いも、お淑やかになるので、ウェルカムです。(50代/男性/会社員)

・その理由は仕事ですから。仕事とプライベートを区別してくださる方なら気にはなりません。(60代/男性/無職)

・きちんとした仕事をしているなら嫌ではない。ドラマのような不倫秘書とかならイヤ。(30代/男性/会社員)

 

 

 

秘書に関するコチラの記事も読まれています

秘書、運転手に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

SFM.jpg


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...